女性にとって大切なホルモンのいろいろな働き

体の中にある様々な器官は、意識していなくても自然に動いています。普段、気にかけていなければ、分からない働きもたくさんあります。

体の器官それぞれが有用に働くとき健康を保つことができますが、年齢を重ねていくと老化による体の衰えを感じるようになるかもしれません。そのひとつに、体の中のホルモンの影響があります。


女性ホルモンの働き

体の中にはさまざまな臓器があります。その臓器の働きを調整するのが、内分泌腺から分泌されるホルモンです。

脳の視床下部・甲状腺・副腎から分泌されるホルモンは、男性・女性にありますが、エストロゲンやプロゲステロンとよばれる卵巣から分泌されるホルモンは、女性特有のもので「女性ホルモン」とよばれています。

女性ホルモンは、脳の司令で視床下部から分泌される性腺刺激ホルモン放出ホルモンが、卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンを、脳下垂体から分泌させ、これらのホルモンの刺激によって、エストロゲンとプロゲステロンが、卵巣から分泌されます。

卵胞ホルモン・黄体ホルモンの働き

エストロゲンともよばれる卵胞ホルモンは、女性らしい体をつくる働きがあります。女性が妊娠するのに必要な月経・排卵を生じさせ、コントロールします。

また、子宮の状態を良くしたり、自律神経のバランスを保たせますし、感情を安定させます。皮膚や骨も丈夫にします。

そして、プロゲステロンともよばれる黄体ホルモンも、子宮の状態を妊娠しやすい環境にしたり、妊娠状態を安定させたりして、妊娠・出産のために良い働きをます。

性腺刺激ホルモン放出ホルモン・卵胞刺激ホルモン

性腺刺激ホルモン放出ホルモンは、卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンの分泌を促す働きがあります。また、卵胞刺激ホルモンは、卵胞の成長を助けたり卵巣から分泌されるエストロゲンの働きを促します。これらのホルモンは、女性ホルモンと深く関わるため大切な働きをします。

黄体形成ホルモン・オキシトシン・プロラクチン

黄体形成ホルモンは、プロゲステロンや排卵の分泌を助けます。また、オキシトシンは、子宮を収縮させたり分娩を促したりして、スムーズな出産をサポートします。

さらに、乳汁分泌ホルモンともよばれるプロラクチンは、乳汁の産生を促し出産後の女性にとって必要な働きをします。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ