上手に付き合っていくしかない更年期障害の症状 43歳 H.M.さん

年齢と共に不安となるのは、更年期障害ですよね。女性ならば避けて通ることのできないこと。

みんなが経験するといっても、その症状には軽い人も重たい人もいるし、自分がその時を迎えてみなければ分からない。そのことが余計不安にさせるのかもしれません。

でもわたしはもうその年齢まで来たら覚悟して、うまく症状と付き合っていくしかないと思っているのです。避けては通れませんから。


更年期障害の始まり

私が更年期障害かなと思ったのは、39歳の頃です。このころから生理が不順になることが多くなりました。そのために一度産婦人科に行ったこともあります。

その診断は、「更年期が少しずつ近づいて来ているので、生理が不順になっている、また生理が予定よりも早い周期でいつも来ているので、無排卵月経の可能性が高いでしょう。」と言われました。

そしてホルモン剤を処方されたのです。私は現在二人の子育てをしており、これ以上出産する予定はないので、生理が不順になったりすることに対しては不安はありませんでしたが、更年期の症状に対しては少し不安がありました。

なぜなら、私の母が更年期を迎えたころを覚えているからです。私もその時期を迎えるのかと思うと恐怖でした。

新たに出た症状

生理不順から始まった更年期障害の症状でしたが、その後めまい、貧血など様々な症状が時々出るようになりました。

一番つらいのはめまいです。起き上がると同時にめまいがして吐き気が伴い、立っていられないほどなのです。そのため眩暈がある日には一日中寝て過ごしたいと思うほどでした。

現実には、子供二人の世話もありますし、家事もあります。寝てはいられない状況なので、めまいの薬などももらって対処していましたが、一旦おこった眩暈は完全に消失することなく、2、3日続いていたので、その間はいつもフラフラでした。まためまいと同時に起こる吐き気もつらかったです。

つらい時の対策

辛い症状に対しては、私は躊躇することなく医薬品に頼ることにしています。それで改善することができるなら、症状を消してしまいと思うからです。でもすべての薬が効くわけではないですよね。

辛いときに時間があれば横になって体を休めることが一番。最近では子供たちも夫も更年期障害の事を理解してくれるようになったので、辛い時には、体を休めるようにしています。そして家事を頑張らないことです。

部屋が汚れていると私はストレスがたまる方なのですが、「ある程度整理整頓してあればよし!」としてあまり無理をしないように心がけています。また食事もつらい時には、冷凍物などを活用して食卓に並べることもあります。

更年期障害から数年たつと少しずつ対処ができるようになってきたので、このまま乗り越えられたらいいなと思っています。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ