女性なら誰でも必ず経験する更年期障害!前向きに乗り越えましょう 女性 52歳 K.S.さん

女性のだいたい45歳から55歳まで、閉経前後の期間はホルモンのバランスが乱れやすく、それに伴って体の不調が続くことがあります。

これが更年期障害と呼ばれる症状です。私もいろいろな更年期障害の症状を経験しました。


更年期前は、いつも順調でした

更年期になるまで、生理はいつも順調でした。毎月約28日周期でほぼきちんと生理があり、しかもおなかが痛くなったりすることもありません。

ある仲の良い友達は、毎回あまりの腹痛のため寝込んだり、薬を常用したりしなければならないほど生理痛がきつく、「いいよね、楽ちんで…」いつも羨ましがられていました。

ある時から急に不順になったり、生理痛がきつくなりだした時には、びっくりしてしまいました。

48歳で急に、飛んだり増えたりするように

48歳と半年くらいの時の事、生理になって以来初めて、生理が飛び、びっくりしました。が、もうそういう年頃だし、友達も更年期を意識し始めていると聞いていたので、「もしかして、来るものが来たのかも?」と思いました。

でも驚いたのは、その次の生理でした。何と3週間たっても止まらない。しかも量も今までになく多い。貧血になってしまいそうでした。

「これは病院へ行くべきか…」と悩んでいるうちに、やっと終わりました。不安になってネットで調べると、これは典型的な更年期障害の例だと分かり少し落ち着きました。

この、あったりなかったり、ある時はとっても多かったりという状態が4年ぐらい続いています。が、だんだんない時が増え、量も減ってきて今に至っています。

他にもいろいろな症状が出てきました

同年代の友達と会って話すたびに、更年期障害の話をすることが増えてきました。友達と比べると、私の障害はずっと軽い方かもしれません。それでもいろんな細かい症状が出たりします。

まずは一般にもよく聞く「ホットフラッシュ」。暑くもないのにいきなり汗が噴き出す状態です。

私の場合は、汗が噴き出すよりも、急に体の中に熱がこもったようになって、顔が赤くなってしまったりします。でも周囲は意外と気づいていない様なので、ちょっとトイレに行って涼んだり、そっと汗を拭いたりして過ごしています。

その他には、身体に発疹が出やすくなったり、胸が痛くなったり。いつもと違う痛みが出ると、それは更年期障害が原因のことが多いようです。

ゆったり構えるのが一番

急にホットフラッシュ状態になったり、生理の出血量が多かったりすると、すごく焦ってしまうことが多いと思います。

でも、こういう状態は、女性なら誰でも経験すること。みんなとおんなじだ、と気軽に考えれば、症状にもうまく対応していけると思います。

「体調が悪いのは、更年期障害のせい。更年期が終わればまた大丈夫」と前向きに考えれば、乗り越えていけます。

それでも大変な時には、ホルモン治療などもありますので、病院に相談してみればいいと思います。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ