更年期障害のイライラが現れたら?お勧めの解消法はこれ!

更年期障害の特徴の1つにイライラを感じやすくなる事があります。些細なことでイライラしたり落ち着きがなくなり焦ったり、怒りっぽくなってしまうのです。

イライラは更年期障害の精神的な症状ではあるのですが、その症状の原因や解消法を知っておくことが日常生活に影響を極力与えない為にも重要です。更年期障害のイライラをなるべく和らげるための解消法を紹介していきます。

イライラを感じたら?もしかしたら更年期障害

今まではこんなにイライラする事はなかったのに無性にイライラするようになったと言う事はありませんか。それは実は更年期障害の始まりかも知れません。

更年期障害とは?

更年期障害とは女性の閉経にともなう体の変化の1つで閉経によって卵巣機能が衰え始める事から女性ホルモンの分泌が減少し心身に様々な症状が現れ始めるのです。

更年期障害の主な症状は?

更年期障害の主な症状はどのようなものがあるか見ていきましょう。症状は閉経の前後である45歳くらいから55歳くらいまでの約10年間症状が続くのです。

    <更年期障害の主な症状>

  • イライラする
  • ほてり、のぼせ
  • 多汗
  • 頭痛、肩こり
  • だるさ、倦怠感
  • めまい、はきけ
  • 不正出血
  • 食欲不振

症状の強弱については個人差があり、ほとんど気にならないレベルの人から日常生活をするのにも支障をきたしてしまう人などまでそれぞれなのです。

更年期障害の原因?次の3つが大きな原因

更年期障害の原因とは一体どのような事なのでしょうか。大きくは次の3つの原因が関わりあっているのです。その内容について詳しく見ていきましょう。

エストロゲン減少

更年期障害の1番の原因は閉経に伴う卵巣機能の低下によって卵巣で分泌される女性ホルモンであるエストロゲンの減少にあります。エストロゲンの減少によってホルモンバランスが崩れると脳は女性ホルモンをもっと出すように指示を出すのですが、機能の低下している卵巣では対応する事はできません。

そのことから脳の視床下部に不要な興奮が起きてしまい自律神経がうまく機能しなくなってしまうのです。その結果が更年期障害の様々な症状として現れるのです。

セロトニン減少

エストロゲンの働きには幸せホルモンであるセロトニンの合成を促す働きもあるのですが、エストロゲン減少に伴いセロトニンも減少してしまい、結果更年期はイライラするようになってしまうのです。

ストレス増加

女性の30代は妊娠、出産、子育て、40代になると巣立っていく子供のこと、50代になると定年を迎える夫、さらに自分の仕事のことなど非常に環境が変わりやすくストレスを感じやすくためやすいのです。

ストレスの量が多く感じやすいとイラつきや不安など精神的に不安定な状況となる事が多く更年期障害の引き金となってしまうのです。

ひどいイライラどうする?簡単な解消法

更年期は誰にでもやってきて症状の重い、軽いはありますが更年期障害も誰にでも起こります。日常生活を豊かに暮らすためには更年期障害のイライラを解消する方法を知って生活に取り込んでいきましょう。

朝日が重要

減少しているセロトニンを活発に分泌させる簡単な方法は朝日をしっかり浴びる事にあります。朝日に浴びることで日中にしっかりセロトニン分泌させる事ができるのです。

副次効果としては体内時計も整うので良質な睡眠が取れるようになり睡眠不足の解消などにもつながります。

ビタミン、ミネラルを補充

ストレスのある状態の身体は実はビタミンCを大量に消費してしまうのです。そしてミネラル不足はイライラを促進してしまいます。よってその為イライラ解消方法としてはイチゴやキウイなどのビタミン摂取と牛乳、魚海藻類などからミネラルを取ることでホルモンバランスを整え気持ちを安定させる効果が高まります。

サプリも効果あり

栄養を取り込むことで心身の不調改善を図る事は出来るのですが、どうしても食事だけでは補いきれないケースもあるのです。そのような場合に手軽なのがサプリメントです。

イライラ解消の為に効果的なサプリメントは、自律神経を整え血行促進、リラックス効果のある白井伝七、甕やイライラややる気不足解消にエクオール、更年期不調を和らげるのに最適なイソフラボンとポリフェノール配合の基本のサプリなどがお勧めです。

リラックスも大事!

更年期障害のイライラ解消には、とにかくリラックスするように心がける事が大事です。お勧めなのはストレッチで心地よい疲れを生活のリズムに取り入れる事とイライラを鎮める為にアロマを活用する事です。

アロマの中でもアンブレットシードはエストロゲンの分泌を促進するので更年期障害への効果は期待できます。

できたらやめたい

更年期障害のイライラ解消の為に出来たらやめたい事としてタバコがあります。タバコは喫煙する事でエストロゲンの分泌に影響を与えてしまいます。そのため更年期障害の発症を早めたり、症状の悪化を招いてしまうのです。できることなら控えたいのがタバコなのです。

普段できること

ふだん日常何気なく行なっている事にも少し見直しをする事でリラックス効果を高めたりする事があります。自分なりのストレスをためない、発散できる方法を考えていきましょう。

例えば簡単に出来ることと言えば家族や友人と話すこと、思い切り笑うこと、映画や本などで思い切り泣くこと、外出をすること、今までやっていない新しいことにチャレンジすること、などが簡単に出来ることです。

どうにもならないなら?病院で診察を

ここまで紹介してきた方法は基本的には自分でも簡単いできる方法を紹介してきましたが、何をやっても効果が改善されずひどい症状が続くという場合には病院で診察を受けることが大事です。あまりにイライラが酷いと人間関係にも支障をきたすので早めの相談が大事です。

病院での治療は?

更年期障害で診察を受けた場合には治療方法としてはホルモン補充方、プラセンタ療法、自律神経調整薬、漢方薬などが処方されます。

有効なツボ?三陰交

更年期障害の症状を和らげる方法としては三陰交というツボもあるので覚えておいてください。三陰交は足の内側のくるぶしから上のあたりにあります。

ツボの押し方は?

三陰交のツボの押し方は内側のくるぶしからまず手を起きます。そして5本の指の幅分だけ真っ直ぐ上にあがったところがツボの場所となります。そこに親指を重ねて深く数回押してあげます。これを朝と夜に一回ずつ行うことでイライラが緩和されていきます。

まとめ

更年期障害は女性の閉経に伴う体の変化によって女性ホルモンの分泌が減少する為に起きてしまう症状なのですが、女性ホルモンであるエストロゲンの減少に伴い自律神経のバランスや幸せホルモンであるセロトニンも減少してしまう為にイライラという症状が出やすくなるのです。

更年期障害のこのイライラという症状の解消法としては、生活サイクルの改善が重要で早寝早起きを心がけ朝陽を浴びる習慣を作ることが第一です。朝日を浴びることでセロトニンを分泌させる事ができるようになるのです。しかし、自分で出来る工夫では何をしても改善しない場合には無理をせず専門の医療機関で診察と治療を受けることをお勧めします。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ