更年期障害は病気の一種!自力だけで頑張らないで 女性 55歳 R.N.さん

更年期障害は今でこそポピュラーな病気として認知されるようになりましたが、ひと昔前までは残念なことに理解者は少なかった病気でもあります。

そのつらさは勿論、昔も今も変わってはいません。


更年期の時期

更年期の時期と言うのは勿論、閉経と関係してきますホルモンバランスが崩れるのが大きな原因ですが、精神的な問題も関わってきます。

私の場合少し早めに更年期が来ましたが(40代後半)、閉経自体の原因のひとつは丁度始まってしまった介護の精神的肉体的疲労が、ホルモンのバランスを崩した原因でもあったようです。

更年期と言うのは、介護などの発生する年代でもありますので、辛さも2倍なのは事実です。

状況

母親が精神的におかしくなって、入院騒ぎなどがあり金銭的な問題や仕事の問題など重なって、気がついたら生理が不順になっていました。仕事はしなければいけない、母親の介護も必要、そんな状況で正直身体のことは後から気がついたのも事実です。

実際この時期、急性盲腸になったり尿管結石になったり、しかも抜け毛がひどくなり禿げてしまう等の症状まで現れて、生理のこと等頭から飛んでいました。

後になって思えば、身体と精神のバランスが崩れたことによって、体の不調を起していたのでしょう。それによってホルモンバランスも崩れていたわけですが、後日までそれには気がつかなかったような状態でした。

更年期障害がそれでも病気と認知されたので

介護騒ぎと自分の入院手術などで、気持ちも落ち着かなくなり鬱症状も出始めましたので、これはもう精神科で相談した方が良さそうだと思い、近くの個人クリニックに行って見ました。

幸い先生が良く話を聞いてくれる方だったので、この不調のあれこれは更年期障害も関係していると診断されました。

更年期障害は病気の一種であるとこの頃認知されていたのが、正直幸いでした。この先生が診断書を書いてくれたので、その後の介護の問題に介護者である私自身の点数が上がって、少々ですが楽になったことも事実です。

治療

私の場合婦人科ではなく精神科に最初に行きましたので、ホルモン系の治療はしませんでした。鬱症状や不眠、火照りの緩和にという事で、精神安定剤の処方をしてもらいそのおかげで不安症状が緩和されました。

それによってでしょうか、抜けていた髪の毛も少しずつ戻ってきてくれたのが、本当に嬉しかったです。

更年期がただそれだけの問題ならともかく、年代的にどうしても身体にも周囲にも変化が起きる頃ですので、相乗して身体と精神がきつくなってしまうのはどなたも同じだと思います。決して一人で我慢せずに、信用できる医療関係者への相談をお勧めします。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ