あなたのホットフラッシュの症状はもしかして更年期障害? 46歳 Y.N.さん

「更年期障害」という言葉を、一度は耳にした事があると思いますが、具体的には一体どんな症状が出るのでしょう?

今回は、更年期障害で見られる様々な体調の変化を上げてみました。もしかすると?と思われている方は参考にしてみると良いかもしれません。そして、症状が気になる方は無理せず専門医で診察を受ける事をお勧めします。


自律神経失調症との関係性

更年期に入り、女性の体には様々な変化が起こります。特にホルモンバランスの変化は大きく、加齢によって卵巣機能が低下する事により、エストロゲンの量が減り、自律神経失調症を起こすそうです。

そして、日々の生活のストレスなどで心の状態も乱れ、それらが重なり、「更年期障害」を引き起こします。私自身、自律神経失調症になった経験がありますが、症状が人によって様々です(私の場合は、過敏性腸症候群と偏頭痛でした)。体調の変化と、精神的に不安定になり、ふさぎこんでしまう方もいます。

最も症状が多いホットフラッシュとは?

私の場合は、特に暑い部屋にいる訳でも無く、周りの人たちは普通に過ごしているにも関わらず、とにかくのぼせて暑かったです。よくマラソンを走った後に、しばらく火照りが続きますが、ひどい時にはそのような状態でした。

それが普通に過ごしている時に起こるので、日常の家事もヤル気が起こらず、家族にも迷惑をかけました。そんな時は無理をせず、座って安静にしている事が多かったです。

他の病気と似ているので注意が必要

これは知人の話にもよりますが、周囲に更年期障害の人が多く、その時に精神バランスを崩してしまい、自分もそうだと思い込んでいたそうです。特に病院へは行かず、市販の漢方薬などを飲んでいたとの事ですが、症状が悪化し、病院へ行くとうつ病だったとの事。

その後、通院を経て回復に向かったとの事ですが、自分で病名を思い込むのは危険です。気になる症状があれば、病院へ行ってまずは診察してもらいましょう。

自分でできる改善法とは?

治療法は、その人の症状によって異なってきますが、私の場合は薬物療法と、まずは生活リズムを改善しました。

精神的に不安定だった時は、早寝早起きができていなかったので、朝起きたらまず太陽の光を浴びる為に散歩をしたり、基本的な事を気をつけるようにしました。効果は人それぞれかもしれませんが、精神的な面では落ち着いたように思います。

後は、なるべく体を冷やさないように気をつけていました。腹巻をしたり、足が冷えるので靴下をいつもはいたり。日頃からできる事を少しずつやってみると良いかもしれませんね。

今では、色々な市販薬も販売されていますが、まずは医師の診断の元、自分に合う治療法を見つける事が一番だと思います。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ