更年期障害改善にはこれ!効果的な運動5つを紹介!

ある日何となく自覚する事から始まる「更年期障害」の症状。何だか身体が熱っぽい、そこまで暑くないのに汗が止まらない、気持ちがどうにも沈みがち。

生活に大きな支障をきたす訳ではないけれど、どうにも気持ちが前に向かない。このモヤモヤした状態は段々と大きなストレスとなっていきます。

そんな鬱陶しい更年期障害を改善するには運動が実は効果的です。

今回は更年期障害の改善効果が期待されている運動を紹介します。

これだけは押さえよう!症状改善に役立つ運動の条件3つ

まず、更年期障害は日常生活に運動を取り入れる事によって改善が期待されますが、運動であれば何でもよいという訳ではありません。

以下の条件を満たしている必要があります。

    <更年期障害の改善に役立つ3つの運動条件>

  • 有酸素運動であること
  • 気分転換になる運動である事
  • 軽度の運動負荷であること

この条件を満たした運動であれば継続的に取り組む事によって生活に張りが生まれ、更年期障害の不定愁訴が軽減する事も多いです。

また、更年期障害の不定愁訴に限らず様々な健康効果が発揮されるので取り組む価値は十分にあるでしょう。

お手軽かつ効果的!ウォーキング

更年期障害の改善に最も適した運動、それは間違いなく「ウォーキング」です。

ホルモンバランスが崩れた事によって起こりやすい「鬱状態」は自分のテリトリー空間の中に閉じこもりがちです。実際、自宅から中々でなくなってしまう更年期障害の患者は多いのです。

そんな時に「ウォーキング」は外の環境との接点ともなりますし、ホルモンバランスが崩れてしまった身体に適度な刺激を送る事になりますので、代謝が活発になり元気を取り戻すきっかけにもなります。

地域のウォーキングに参加する事で会話も生まれ、気持ちも前向きになる事も多いです。

コースをマメに変えると効果が高い

ウォーキングをするにしても、近所のウォーキングではなく少し遠出をしたり違うコースにしたりと変化をつけるととても良い刺激となります。

ノルディックウォーキングも良い

普通のウォーキングでは物足りなくなってきたら、スティックを手にもってノルディックウォーキングにするのも良いです。運動負荷が更に上がるので自律神経の刺激とバランス調整がより効率的になります。

自然の加圧が自律神経を整える!水泳

水泳も更年期障害の改善にとても適した運動です。

水中に入るだけでも水圧が身体の至る所に掛かりますので、水に浸かるだけでも身体にとってはとても良い刺激となります。更に運動をしても常に水が身体を冷やしてくれているので外で運動するのに比べて快適に長時間の運動が可能です。

その一方で、歩行以上に全身運動であり水から上がった際には心地よい疲労感が全身にやってきます。

この全身を包む疲労感がホルモンバランスが崩れた身体にはとても良いのです。多くの更年期障害に悩む人が生活に水泳を取り入れる事によって入眠がスムーズになり、睡眠の質の高まりを実感しています。

水中歩行が特におススメ

水泳の中でも特におススメしたいのが水中歩行です。強すぎず弱すぎず、丁度良い刺激と抵抗が掛かります。一見すると疲労が溜まりにくいですがしっかり運動負荷が掛かる優れた運動です。

心肺機能も適度に鍛える!マラソン

日常生活にマラソンの習慣を取り入れる事も更年期障害の改善には効果的です。

マラソンは歩行に比べて心肺機能への負担が大きくなりますが、それは血液循環の力を鍛えるという事でもあります。更年期障害の中には血流の滞りによって発症すると考えられるものも多く、心肺機能を鍛える事は更年期障害の改善に効果的です。

お喋りできる程度のペースが理想

マラソンのペースは「笑い話ができる程度」にしておきましょう。心肺強化も大切ですが、一番大切なのは「身体と心の負担にならない」という事です。

気軽に取り組めるペース。それが最優先だと覚えておきましょう。

呼吸で自律神経を整える!ヨガ、ピラティス

ヨガやピラティスも更年期障害の改善に期待ができる運動です。場所も取らないので気軽に取り組めるのも良い点です。

実は静かな有酸素運動

ウォーキングやマラソン、水泳に比べると余り動き回る運動ではありませんが、運動強度が小さい訳ではありません。バランスを必要とするヨガやポーズ、インナーマッスルを静かに使うピラティスは見た目以上に筋肉を使います。

呼吸で副交感神経を刺激する

そしてヨガとピラティスは呼吸を大切にする運動ですので、更年期障害の改善に特に期待ができます。他の運動と違って副交感神経を強く刺激するので、交感神経優位になりがちな更年期障害の人にはうってつけなのです。

非日常での運動で日常に刺激を!トレッキング

最後にトレッキングの紹介をします。

軽い山道を歩くトレッキング

トレッキングはハイキングと同じ様な運動ですが、ハイキングに比べると少し起伏のある道を通ります。その代わりとても綺麗な景色が最後に待っているアウトドアスポーツです。

ハイキング以上ではあるものの、登山未満のアウトドアと言えるでしょう。

自然と触れ合うトレッキング

トレッキングが更年期障害の改善に効果的な理由は幾つかあります。

    <トレッキングが更年期障害に良い理由>

  • 豊かな自然と触れ合える
  • 日常から離れた非日常の環境に出る
  • 沢山の人との会話が生まれる
  • 人間以外の動植物との出会いが豊富

環境がガラリと変わるという事は更年期障害にある人にはとても良い刺激なのです。

自然の中を歩くだけで人の自律神経はバランスが整えられていきます。

少しの「変化」が効果的!更年期障害は刺激で改善しよう

以上、更年期障害の改善に効果的な運動を紹介してきましたが、実は「目的」に関してはどの運動も変わりありません。

「日常生活に変化をつける、刺激を与える」という事が取り組みの目的です。運動という形で脳に刺激を与えて自律神経のバランスを整えるきっかけを作っているのです。

更年期は人間が迎える自然な生理現象です。その新しい身体の形に馴染むためには適度な刺激を与え続けるのが一番効率的です。

つまり、更年期障害の症状を最小限に抑えて、なるべく早く症状を収めていくには「運動」という変化を日常に溶け込ませるのが良いのです。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ