更年期障害になりやすい人の特徴は?肩のちからを抜いて予防しよう!

40代~50代にかけてアンバランスになる女性ホルモンが自律神経を不安定にして、更年期障害を引き起こしているといわれていますが、更年期障害は生活スタイル・性格・体質など、条件が整えば誰でもなる可能性があります

更年期にさしかかっても更年期障害になりやすい人・なりにくい人がいます。では、なりやすいタイプ・なりにくいタイプ、特徴・性格では何が違うのでしょうか?詳しくタイプ別に生活習慣や特徴を紹介します。なりやすいタイプに心あたりのある方は改善できることがあれば、見直していきましょう。

ストレス社会の落とし穴!更年期障害になりやすい社会?

更年期障害はホルモンバランスの乱れによって、自律神経の乱れが起こり、多くの症状が強くあらわれる病気です。現代のストレスが多いと言われている社会生活などが原因でホルモンバランスが乱れることがよくあるので要注意です。

外因的ストレス

バリバリ働いているキャリアウーマンやOLさん・仕事でストレスが強い人・家事や育児でストレスがたまりがちな人は外因的ストレスにさらせる環境にいるので30代でも更年期障害に注意が必要です。「病は気から」という言葉もあるように、気持ちが弱っているときは身体も病に対して無防備になってしまいます。

内因的ストレス

イライラしやすい、過度に神経質な人はちょっとしたことでもすぐにストレスを感じてしまいがちです。ストレス社会とよばれる現代の社会ではストレスを感じずに生活をすることは難しいので、大切なのは感じたストレスをどのように発散させるかです。内因的にストレスを抱え込まないよう、症状に負けない心を育てることも重要です。

自律神経が弱いとは?更年期障害は自律神経の乱れで起きる!

更年期障害はホルモンの乱れによって自律神経の乱れが起こった時の症状であるため、そもそも自律神経の弱い人が更年期障害になりやすいと考えられています。以下のリストにあてはまる人は元々自律神経が強くはないので、更年期のホルモンの変動から受ける影響は大きいといえます。

    <自律神経の弱い人チェックリスト>

  • 自律神経系が弱い人
  • ストレスや過労で体調を崩しやすい人
  • 場所が変わると眠れない人
  • 乗り物酔いをする人
  • 重度の冷え性人
  • 眠りが浅い人

千差万別!更年期障害になりやすい人のその他の特徴は?

まじめで几帳面な人

責任感が強い、まじめで几帳面、完璧主義の人は、ストレスをためやすい傾向にあるので、更年期障害の症状を重くするそうです。ストレスは自律神経の乱れに大きくかかわります。気分転換が上手に出来るといいですね。

生活が不規則な人

食生活に無頓着だったり、不摂生だったりは更年期障害になりやすく、また悪化させやすいと言われています。また睡眠不足、過労の人など生活が不規則だと更年期障害になりやすいです。

PMS(月経前症候群)がある

生理周期によってホルモンバランスは変化しますが、生理前に月経前症候群がある人は急激にホルモンバランスが変化する更年期でも強く症状が現れると言われています。なりやすいと同時に症状も強く出てしまいやすいので、未然に症状が出た時の対策も考えておきたいですね。

生理周期の乱れがある

若いころから生理周期に乱れがある人は、更年期障害の症状としても同様に生理周期の乱れがでやすいと言われています。このような症状を気にしたりすることで悪循環になり、さらにストレスをため、更年期障害のスパイラルとなってしまうこともあります。

更年期障害は予防できる?なりにくい人の特徴を紹介!

ここまで更年期障害になりやすい人のタイプや特徴を見てきましたが、なりにくい人はどのような人なのでしょうか?今からでも改善、対策出来ること名などがあれば、生活に取り入れていきましょう。

なりにくい生活スタイル

強い症状が続く更年期障害になりにくい人は、食生活に気を遣っていて、栄養バランスの良い食事を3食摂り、適度な運動を行い、好奇心旺盛で趣味や楽しみを持って生活している人が多いようです。

更年期障害になりにくい性格

むりをせず、何事にも余裕があり、楽天的な性格の人もストレスを上手にため込まないようにできるのでなりにくいようです。ウジウジ悩まないで、好奇心旺盛な気持ちが若い人も更年期障害にはなりにくいといわれています。

大豆製品で予防

女性ホルモンの急激な減少が、症状が強く出てしまう根本な原因なのでエストロゲンと同じような働きをするイソフラボンのサプリや大豆製品を積極的に摂っている人も更年期障害になりにくくなるようです。お豆腐製品をよくたべて、大豆イソフラボン由来のサプリを摂ることで辛い更年期の予防にもつながります。

未然に防げるのか?更年期障害の予防法!

更年期障害になりやすい人・なりにくい人とそれぞれタイプや特徴をみていると、更年期障害になりにくくなるための方法がいくつかありそうです。まとめてみましたので参考にしてみてください。

ストレスを溜めない

まず大切なのはストレスを溜めないことです。ストレスを感じないのは難しいので、自分の好きな事や、楽しいと思える事を積極的にするように心がけて、いかに感じたストレスをため込まないに様にするかがポイントになってきます。思いつめず、悩みすぎず、心に余裕が持てるようにしましょう。

筋肉疲労に注意する

健康的に生活していても、突然疲労が爆発してしまうことも考えられます。そんなときにホルモンバランスが急激に乱れてしまい更年期障害として不調があらわれてしまうので注意が必要です。ストレス発散や趣味で気分転換する他にも、全身の筋肉疲労に注意してセルフケアしていくことが重要です

まとめ

更年期障害は、一定の年齢になれば誰でも経験するものだと気楽に考えてみましょう。そうすることで明るく乗り切れる余裕のある更年期を過ごすとこが出来るようになります。症状が本当につらい場合は我慢せずに病院を受診して相談することをおすすめします。

育った環境でできた自分の性格を変えるのはとても難しいです。その代わりに自分の生活を一度見直して、食事や睡眠、運動を上手に取り入れた規則正しい生活を始めて更年期障害になりにくい身体つくりをしていきましょう。

もちろん更年期障害だけでなく、他の病気を予防することにもつながり生涯のライフワークが豊になっていくでしょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ