更年期障害で頻脈は起こる?ホルモンバランスの乱れ

更年期を迎えると今までは感じなかったのになんか胸がドキドキすると感じたことはありませんか。そのような時は頻脈かもしれませんので脈拍を計測するようにしてください。

頻脈が起きてしまった場合には、更年期障害の症状としての頻脈の場合もありますが、命に関わる病気である場合もあるので注意が必要です。更年期障害の頻脈とそれ以外の頻脈は、中々見分けがつかないので気になったら病院で診察する事が必要です。まずは更年期障害と頻脈について解説していきます。

正しい脈のとり方は?指を揃えるのがコツ

更年期障害の頻脈を理解する前に、まずは脈拍のとり方について見ていきましょう。意外と知っているようで知らない事なのでしっかりチェックしてください。

正しい脈のとり方

正しい脈のとり方は、手のひらを上にした状態で手首の関節の少し下辺りの親指側に逆の手の人差し指と中指の二本、又は薬指も合わせて三本を添えます。この時に脈をとりやすくするコツは指を揃えるということです。

脈の数え方は?

脈拍の数え方は、指を揃えた状態で時計を見ながら15秒間の脈拍をカウントし4倍する方法か、10秒間の脈拍を6倍することで1分間の脈拍をカウントします。また、血圧計などで計ることも可能です。

頻脈とはどのようなもの?1分間に100回以上

更年期障害の1つとして見られる頻脈ですが、どのようなものか知っていますか。頻脈とはどのような事をいうのか解説していきます。

脈拍の状態は?

頻脈とは心臓の心拍数である脈拍数を計測した時に異常に多い状態と言います。1分間に100回以上の脈拍数が計測される場合は頻脈と診断されます。頻脈の症状が出る時にもっとも多いのが動悸となります。

逆に脈拍が少ないと?

脈拍を計測した時に逆に少ないケースもあるのです。概ね1分間に50回以下の状態の場合は徐脈となります。

動悸や頻脈が起きる原因は?神経的と肉体的

更年期障害の症状として見られる頻脈ですが、それ以外にも起こるケースもあり実は簡単に見分ける事は難しいのです。動悸や頻脈が起きる原因としては大きくは2つの原因が考えられますので確認しておきましょう。

自律神経が原因

動悸や頻脈が起こる原因の1つ目は、交感神経が優位になりすぎているケースに起こりやすくなります。

    <交感神経が優位になる原因>

  • コーヒー、紅茶などのカフェインの取りすぎ
  • アルコールの大量摂取
  • タバコの吸いすぎ
  • 薬の副作用
  • 精神的ストレス

肉体的疾患が原因

頻脈になる原因のもう一つの原因としては肉体的疾患が原因となっているケースもあります。

    <頻脈を起こす肉体的原因>

  • 心臓に関わる病気
  • バセドウ病
  • うつ病
  • パニック障害
  • 適応障害
  • 心気症
  • 女性ホルモンの分泌量変化
  • 更年期障害

更年期の頻脈が起きるのは?ホルモンバランス

更年期を迎えた女性は更年期障害という症状にかかりますが、更年期障害でも頻脈が起きるのはなぜなのでしょうか。

頻脈は更年期障害で起きるのは?

更年期の女性の体に起きていることはエストロゲンという女性ホルモンの分泌が減少することからホルモンバランスが乱れ様々な体の変調を起こします。

そして、そのホルモンバランスの乱れは自律神経の乱れも起こす為、自律神経によってコントロールされている心臓の動きが乱れる事で頻脈が引き起こされてしまいます。

頻脈はおきた時は?

更年期障害の症状で頻脈が起きると突然激しいドキドキを感じるのでびっくりしますが、そのような時にはまず落ち着く事が大事です。その上でゆっくりと深呼吸を行いリラックスするようにします。肉体的疾患がない場合には基本的に充分休息を取る事で軽減できる事がほとんどです。

侮ってはいけない?命の危険も

頻脈を伴う不整脈については多かれ少なかれほとんどの人が持っていますが、1日のうちに何度も感じるようであれば病気を疑わなければいけないケースもあります。

特に夜起こる場合は注意

更年期障害であろうと無かろうと夜間睡眠中に頻脈を伴う不整脈を発症した場合は注意が必要です。最悪の場合は死に至るケースもあるので気をつけてください。

注意が必要な人は今までに心臓の病気にかかった事がある人、今までに瞬間的nでも意識を失うような発作を起こした事がある人、脈拍が1分間に120回以上という状態が数時間に渡って続く人、顔色が悪い、冷や汗、呼吸困難がある人などでこれらの症状がある人は早めに受診をして検査をする必要があります。

まとめ

更年期を迎えると更年期障害の症状の1つとして動悸と頻脈を発症する場合があります。ある日突然起きるケースが多くびっくりしてしまうことも多いのですが、起きてしまった場合は落ち着く事が大事です。

頻脈が起きたと感じた時は、まず本当に頻脈なのかどうか脈拍を図る事が大事です。測り方は手のひらを上にした状態で手首から少し下のあたりに逆側の人差し指と中指を揃えて脈の回数を測ります。通常は1分間に70回くらいのところ100回以上であれば頻脈となるのです。

頻脈の場合その場限りで終わる事もあれば非常に長期間続く事もあります。更年期障害の場合はホルモンバランスの乱れからくるものなのですが、その他の命に関わる大きな疾患を伴っているケースもあるので気になる場合は早めに受診をする必要があります。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ