知らないと不妊症にも!若いうちでもなる若年性更年期障害とは? 38歳 K.M.さん

更年期障害と聞くと、50代以上の女性がなる病気だと思っている方が多いと思います。更年期障害とは、50代になり生理が終わり、女性ホルモンが減少しておこるものです。

しかし、若い20代や30代にも更年期障害になってしまうことまもあります。若い方がなる更年期若年性更年期障害といいます。


若いうちからなる更年期障害

若年性の更年期障害になってしまうのは、様々な理由があります。

まずは、過激なダイエットです。1ヶ月に10キロ以上の無理なダイエットをしてしまうと、体に物凄く負担がかかり、ホルモンバランスが崩れてしまいます。逆に太りすぎもよくありません。

ストレスの溜め過ぎもよくありません。食生活がみだれていたり、不規則な生活もよくありません。タバコも原因のひとつになります。

若年性更年期の主な症状

ホルモンバランスが乱れ、女性ホルモンが減少しておこるものです。

  • 生理不順
  • イライラ
  • 体の冷え
  • 食欲不振
  • 寝付きが悪い
  • 動機息切れ
  • 気分が落ち込みやすい

など様々な症状があります。

若年性更年期の改善策

では、どのような治療法があるのでしょうか?

ひとつは、女性ホルモンを増やすことです。婦人科などでは、ホルモン注射をしてくれます。あとは、漢方薬などの薬を服用することです。

食生活をきちんとするのも必須です。バランスのいい食事を心掛け、ビタミンもきちんと摂取することです。

タバコを辞められたら一番いいですが、ストレスもよくないので、無理のないように少しずつ辞めていきましょう。まだ若いから、ほっておいても大丈夫。と油断していると、将来不妊にも繋がります。

生理が遅れたり、こなかったりしたら、婦人科へかかりましょう。女性の体はとても繊細です。卵巣から脳へ、生理はこなくてもいいと送られてしまい、それが長期にわたると、治療をしても生理がこなくなってしまう恐れがあります。

きちんとした治療をうけ、若年性更年期障害を治しましょう。

まさか私が!?

私も若年性更年期障害と診断されました。3人子供を出産して5年後のことでした。

まだ30歳だったので、まさか自分が……と思いました。治療をしていくと、気分も毎日よくなり、ストレスも軽減して、子供や夫にも優しく接していけるようになりました。治療は家族のため、自分のためにもなります。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ