私の体はどうなってしまったの?辛い更年期の改善には普段の栄養も大切! 50歳 A.E.さん

年齢を重ねた40歳以降の女性には、さまざまな体の変化や不調が起こりがちです。頭痛やのぼせ、重い肩こりや冷や汗を伴うホットフラッシュなど、自分では知らず知らずに身体に症状が出てきます。

こんな更年期の症状を予防・改善するためには、普段から早めの対策が必要なのではないでしょうか。


急にほてりが出たり手足が冷える?普段と違う冷えや汗に注意

30代で子供を出産したころはまだ身体が若く、手足が冷えたりすることなどありませんでした。40代に入った頃に、何だか体が急にのぼせたり、手足が氷の様に冷たくなることがありました。

40代後半になると、手足は常に冷え切ってしまい、じっとしていても変な汗をかいたりカーッとのぼせるような症状が頻繁にあらわれるようになったのです。

自分でも体調がおかしいと気が付いて婦人科に行ってみると、更年期の症状だと診断されました。

自分の体がだんだん変わっていく?そんな更年期への不安

このころから生理不順になってきて、生理の前後に目眩や立ちくらみが起こるようになってしまったのです。今までは順調に来ていたはず生理が来なくなると、自分の体が自分でもコントロールがしずらくなりました。

急にやる気が起きなくなったり、身体が鉛の様に重くなって動けなくなったり、1日中外にも出ないで家でふさぎ込んでしまうこともありました。

「いったい私の体はどうなってしまったんだろう」と不安になってばかりおりました。喉に変な違和感があることがあり、食事をするのが嫌な時期もありました。

どうしたら辛い更年期を上手に乗り切れるのでしょうか

もともと薬があまり好きではなかったので、ホルモン療法などは行わずに食事療法を行ってみました。不足してしまったエストロゲンを補うために豆腐の入ったお味噌汁や豆乳を毎日摂るようにしました。

またビタミンEは血管をしなやかにして血流を改善する効果があると聞いたので、ナッツやアボガドを積極的に食べるようにしました。

また、ビタミンCは更年期のうつ症状やストレスに対抗するパワーを持つと聞いたので、庭でとれた生野菜やイチゴやレモンで生絞りジュースを作って飲むことを習慣づけました。

そのほか食事で補えない栄養素は、更年期用のサプリメントを摂取してみました。こうした食事をバランスよく食べて、1日に30分以上は歩く有酸素運動を取り入れたところ、気分が少しずつ晴れやかになって症状が落ち着いてきました。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ