更年期に貧血がひどくなったら場合の対策は?適度な鉄分の補給

更年期を迎えた女性が、今まではなんでも無かったのに突然貧血気味になってしまう事があります。更年期を迎えると交感神経より副交感神経の活動が活発となることら脳に送られる血液が不足して貧血の症状を起こしやすくなるのです。

更年期の貧血は命に関わるような事はありませんが、少しでも症状を軽くしたり、出にくいようにする為には日頃の予防と知識は必要なので紹介していきます。

更年期にクラクラする?それは貧血

更年期になってからクラクラする事が多いと言う事はないですか。その正体は貧血なのです。更年期になると人によっては貧血の症状が出やすくなる人がいるのです。貧血自体は命に関わる重病では無いのですが、日々起こるようだと非常に厄介なものと感じます。

貧血になるのはなぜ?

貧血という名前はよく聞く病名なのですが、貧血とはなぜ起こるのでしょうか。原因の1つは鉄分の不足なのです。鉄分が不足すると体ではどのような事が起きるかというと貧血にならないようにと肝臓や脾臓に蓄積している血清フェリチンを使い始めるのです。

血清フェリチンが減少すると?

そして血清フェリチンを使い果たして在庫が無くなってしまうとヘモグロビンが減少してしまうのです。よって医療機関では血液検査でヘモグロビンの値を観察するのです。

へモグラビンが減ると?

へモグラビンが減少すると更年期にはめまい、動悸、息切れ、倦怠感、疲労感といった貧血の症状が現れるのです。

貧血にならない為には?鉄分の摂取

更年期に貧血にならない為にはどうしたらいいのでしょうか。その答えの1つとしては肝臓や脾臓に蓄えている血清フェリチンを使い切らなくて済むように鉄分を日頃から積極的に摂取する事が大事なのです。

1日に必要な鉄分の量とは?

鉄分が足らないという状況を作らない為に1日の摂取する必要がある鉄分の量とはどれくらいなのでしょうか。40歳代以上の女性の場合には1日に必要な鉄分が10~15mgとなるのです。

鉄分摂取にいい事?

鉄分を摂取する時に一緒に摂取する事で体に吸収しやすくしてくれる成分があるのですが知っていますか。その成分はビタミンCなので積極的に一緒に摂取するように心がけてください。

控えた方がいい事は?

鉄分摂取に悪影響があるものも紹介しておきましょう。実は日頃よく飲んでいるコーヒーやお茶はあまり良くありません。その理由は、その中に含まれるタンニンが鉄分の吸収を妨げてしまうからなのです。食後にはコーヒーやお茶が飲みたくなりますが、貧血予防の為には食後30分は我慢が必要なのです。

鉄分をとるには?おススメの食材

更年期の貧血を予防するには、日頃から鉄分を意識して補給する事が大事です。普通に食事しているだけではどうしても不足しがちとなるので鉄分の多い物を意識してとるようにしていきましょう。

鉄分が多く含まれている食材は?

鉄分を効率よく摂取していく為には鉄分が多く含まれる食材を食べる必要があります。鉄分が多く含まれる食材には代表的なものとしては次のようなものがあります。

    <ヘム鉄の多い食材>

  • 牛、豚、鶏などのレバー
  • 牛、豚などの赤肉
  • カツオやイワシ
    <非ヘム鉄の多い食材>

  • ひじき
  • あさり、牡蠣
  • 大豆
  • ほうれん草、小松菜
  • アサイー

鉄分には種類?実は2種類

鉄分の不足を補う為には食事から鉄分を摂取していく必要があるのです。しかし、鉄分を今まで意識してとった事がない人には馴染みが薄いのですが、食事として摂取している鉄分には、先程紹介した通り実は種類があるのです。その種類はヘム鉄と非ヘム鉄の2種類となります。

ヘム鉄とは?

ヘム鉄とは、動物性食物にのみ含まれている鉄分で赤身の肉に含まれている成分です。非ヘム鉄と比較すると体に吸収されやすい鉄分です。しかし、鉄欠乏症になりやすいのはヘム鉄の摂取が不足している場合が多いのです。

非ヘム鉄とは?

普段食事からとっている鉄分はほとんどが非ヘム鉄なのです。動物性、植物性両方の食材からとる事ができ、日本人の食生活においては鉄分の85%を非ヘム鉄からとっています。しかし、非ヘム鉄はヘム鉄に比べると体に吸収されにくい傾向にあります。

鉄分の摂取で注意するのは?過剰摂取

更年期になって貧血が急にひどくなったりすると鉄分をとる事に一生懸命になってしまいますが、何事も度が過ぎてはダメなので鉄分を過剰摂取した場合の危険性も紹介しておきます。

鉄分を過剰摂取した場合?

鉄分を過剰に摂取した場合には、嘔吐、吐き気、下痢などといった胃腸障害、皮膚色素沈着、血管疾患などの症状が現れます。そして、そのまま放置すると更に悪化し次のような深刻な病気へとつながってしまいます。

    <鉄分の過剰摂取による病気>

  • C型肝炎
  • 動脈硬化
  • ガン
  • 糖尿病
  • メタボリック症候群
  • 脂肪肝

鉄分の過剰摂取をさけるには?

いくら貧血が酷いとはいえ、通常の食生活からの摂取では鉄分を過剰に摂取し過ぎるという事は心配入りません。注意すべき事は鉄分のサプリメントや肉に偏った食生活、またはビタミンCの取りすぎによる鉄分の吸収力が高まりすぎてしまった場合などが起こりやすいのでそれらをコントロールする事が大事です。

まとめ

更年期を迎えた女性は更年期障害の症状の1つとして貧血になりやすくなってしまいます。その要因は女性ホルモンのバランスの乱れからくる自律神経の働きが悪くなるせいもあり仕方がない事ではあるのですが、鉄分の補給を意識することで改善することは可能なのです。

鉄分を意識してとる為には鉄分が多く含まれる食材を意識してとることや鉄分が吸収されやすくなるようにビタミンCを同時にとるようにするといいので試してみてください。ただしコーヒーやお茶などのタンニンが含まれるものは同時にとると鉄分の吸収を阻害しますので注意が必要です。

また鉄分の摂取は大事なのですが、何でもかんでも鉄分という状態で過剰に摂取すると胃腸障害など体に対して悪影響も起こります。更にそのまま度を越すと命に関わる病気に進展してしまう可能性もあるのでくれぐれも過剰摂取には注意してください。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ