50代後半にも多い更年期障害、その症状とは?外来受診と食事が改善のカギ!

50代の更年期障害の症状や対策についてどれくらいの人が理解しているでしょうか。

40代後半から50代前半の約10年間を一般的に更年期と呼び、この期間に特に現れる女性ホルモンが原因で起こる症状を更年期障害と呼びます。

しかし、実は更年期を過ぎた50代後半から様々な症状を訴える女性が増えているのです。

この50代に起こる体調不良の特徴とその対策をご紹介します。


50代更年期障害の体と心の変化、重症化にも要注意!

いわゆる更年期と言われる時期に女性ホルモンの分泌に大きな変化が現れます。

女性ホルモンの一つエストロゲンが減少し50代のほとんどの女性に閉経が訪れます。そのため自律神経のバランスが崩れ、動悸やめまい、息切れをはじめ、腰痛や肩こり、大量の汗、ホットフラッシュと言われる顔や体の極度のほてりが出てくるのが特徴です。

また身体の変化だけでなく心にも変化が現れます。強いイライラが続いたり、怒りっぽくなるのも50代更年期障害の特徴で、それが重症化すると「更年期うつ」やまれに「統合失調症」を引き起こすこともあります。

更年期障害の対策「婦人科や更年期専門外来の受診を」

閉経を迎える時期や「これは更年期障害なのかな?」と少しでも感じることがあれば、まずは婦人科や更年期専門の病院を受診することをおすすめします。更年期障害が重症化してからでは治療や対策も難しくなります。

出来るだけ初期の段階で受診すればホルモン薬や専用のサプリメントなどで改善することもあります。50代後半でもし症状が強くなってきていればホルモン治療という選択もあります。

いつでも受診できるように、早めにかかりつけの婦人科などを見つけておくといいですね。

更年期障害の対策「食事には大豆イソフラボンとカルシウムを」

更年期障害の改善には食生活も重要です。規則正しい生活にバランスの取れた食事が基本ですが、大豆イソフラボンを多く含む食品を積極的に摂ることでホルモンバランスを整え更年期障害の緩和に繋がります。

納豆、豆腐、豆乳など大豆製品を日々意識して食べたいですね。また怒りっぽさやイライラ解消にはカルシウムです。牛乳や乳製品だけでなく乾物や海藻類、魚、緑黄色野菜にも多く含まれるのでこちらも併せて取り入れましょう。

毎日の食事を意識することも更年期障害改善への道です。いかがでしたか。長い人で10年以上付き合っていく更年期障害。一人で抱え込まずパートナーや家族、友人など周りの人にも相談しながら、また同じように身近で更年期障害で悩む人がいればその人と改善につながる情報交換をしてみるのもいいでしょう。

誰にでも起こりうる更年期障害です。いつか治ると前向きな気持ちになって付き合っていけるといいですね。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ