閉経を迎えれば終わりじゃない?!50代でも直面する更年期障害とは

誰でも年齢を重ねることで生殖機能は衰えていきます。女性の生殖機能が衰え始めるのはおよそ更年期と呼ばれる40代後半~50代ですが、その期間には女性ホルモンのバランスが崩れ様々な症状が現れます。

そしてその期間は、女性が閉経を迎えれば終わるわけではありません。閉経によって更年期障害の症状が落ち着くとか、閉経を迎えることで更年期障害の症状が改善すると考えている人も少なくはないと思われますが、更年期障害は閉経で収まるわけではないのです。

閉経を迎えた50代の女性が経験する更年期障害とはどのようなものであり、どんな対処方法があるのかについて紹介します。


いつ始まっていつまで続くの?更年期障害の期間とは?

更年期障害とは、女性の生殖機能が衰え始めることで女性ホルモンのバランスが崩れ、体に様々な症状が現れる時期を指しています。女性は平均して50代に差し掛かるくらいから、50代前半くらいで閉経を迎える人が多くなります。ただし、この年齢には個人差が大きくなっています。

女性ホルモンの値が乱れやすいのは、女性が閉経を迎える前後の10年くらいです。つまり、閉経を迎えた辺りが更年期障害のちょうど折り返し地点。更年期障害はそこからあと半分期間が残っているのです。更年期障害は閉経が終わった後も継続していきます。

どうしてそんなに長いの?更年期障害が長きにわたって継続する理由とは?

更年期障害は、女性ホルモンのバランスが崩れることで生じる症状です。女性ホルモンは卵巣から分泌されていますが、閉経を迎えると同時に突然卵巣の機能が停止するのではありません。そして、そのことが更年期障害の継続と関与しています。

卵巣機能の低下は徐々に始まっていく

卵巣の機能低下は、月経不順や経血量の変化など、生理周期の変化から始まることが多くなっています。月経の間隔が短くなったり広くなったりを繰り返し、徐々に間隔が開いていきます。そして最終的に閉経を迎えることになります。

このように卵巣の機能は突然停止するのではなく、数年かけて少しずつ変化をしていくのです。

ホルモンバランスの調整が行われている

卵巣の機能が低下すると、女性ホルモンが不足して体内の女性ホルモンのバランスが崩れていきます。そのため体はホルモンを補おうと指令を出すのですが、卵巣の機能は低下しており十分に補うことが出来ません。その結果、体の色々なバランスが崩れ、更年期障害の症状が発露します。

閉経後はますます女性ホルモンが不足し、体内のホルモンバランスが崩れている状態です。その状態に体が慣れるのに数年を費やすため、閉経後も更年期障害は継続していくのです。

どんな症状で悩みやすいの?閉経後でも残りやすい更年期障害の症状とは!

閉経後だからと言って特別な症状が現れるわけではなく、その人が発症しやすい更年期障害の症状が残ることがあります。ここでは代表的な症状についてお伝えしていきます。

症状①ホットフラッシュ

代表的な症状と言われているのがホットフラッシュと呼ばれる症状です。これは、自律神経が乱れることで、血流のコントロールがうまく行かなくなり、突然顔がのぼせたりほてったりする症状を指しています。

症状②多汗

多汗も頻繁に認められる症状の1つです。自律神経は発汗のコントロールも行っていますが、暑くもないのに突然洋服がぐっしょり濡れてしまうくらいの発汗を経験することがあります。

症状③疲労感・倦怠感

更年期に減少すると言われている女性ホルモンは、体の疲れとも大きく関連しているホルモンの1つです。そのため、普段と同じような生活をしていても疲れやすく、疲れがなかなか取れなくなることがあります。また、更年期の他の症状の発露により倦怠感が増悪します。

症状④頭痛・頭の重さ

自律神経が乱れると、突然頭の血管に強い血流が流れてしまったり、頭の血管の血液量が増えることがあります。その結果、頭部の痛みとして捉えられ、強い頭痛や頭の重みを経験することがあります。また、女性ホルモンの減少自体も頭痛と強く関連しています。

症状⑤イライラ・不安感の増大

女性ホルモンは精神的な安定にも関連しています。女性ホルモンが減少することで不安感やイライラなどが増悪し、精神的に不安定になりやすくなります。更年期は年齢的に様々な変化が生じる時期でもあり、その事もまた精神的な不安定さの引き金となっています。

どんな工夫が出来る?50代の更年期障害の症状に対して気を付けていきたいこと!

閉経を迎えた50代でもまだまだ更年期障害の症状で悩むことになります。毎日の生活でできることを工夫しながら、出来るだけ健やかに更年期を乗り越えていきましょう。

その一つは、生活習慣の改善です。自律神経は特にストレスや疲れの影響を受けやすくなっているので、更年期に乱れやすい自律神経を整えることが重要になってきます。そのためには決まった時間に起床・就寝をして、軽い運動習慣を取り入れるなど、日常生活に地図無を作るようにしていきましょう。

自分でできることから始めよう!食生活を見直すことも更年期障害の症状緩和にはとても大切!

また、食生活も更年期障害に大きく影響を及ぼしています。特に、女性ホルモンと同じような働きをしてくれる大豆イソフラボン製品を積極的に取り入れることが大切です。豆腐や豆乳、大豆やアゲ、納豆などを毎日の生活に取り入れていきましょう。

まとめ:更年期障害は閉経を迎えてからも継続する症状です!付き合い方を考えましょう

更年期障害は閉経を迎えたからと言って終わるような障害ではありません。閉経はむしろ折り返し地点。50代でも生活に工夫が必要です。閉経からも続いていく更年期を少しでも快適に迎えるために、毎日の生活にちょっとした工夫を取り入れていきましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ