更年期障害を乗り切るための3つの方法!

更年期とは主に女性の卵巣機能が衰え始め閉経するに伴って女性ホルモンが減少する期間のことを言います。

多くはホルモンバランスが崩れることで身体や精神に様々な症状が出ますが、その内2~3割の人が症状の重い更年期障害といわれています。最近では40代・50代女性だけでなく若い女性や男性でも更年期障害の人が増えているようです。

ここでは更年期症状が出た場合のおススメ治療法と多くの人がどのように改善したかを紹介します。

婦人科・心療内科

更年期障害の症状は自律神経失調症と似たものが多く、ほてり・多汗・脈が早まる・冷えるなどの身体的症状、うつ・不安などの精神的症状、月経異常・不正出血などの生殖器系症状、消化器系症状など多岐にわたります。症状が重くなる前に病院の婦人科か心療内科を受診することが一番です。

病院に行く際には現在服用している薬や月経の日付、親の病歴などを把握していくとよりスムーズに的確な治療をすることができます。治療法としては多くが注射によるホルモン補充療法や漢方、生活習慣の見直しによるもので更年期が過ぎ身体が安定するのにおよそ10年間といわれているので自分と相性のいい病院を見つけることをおすすめします。

サプリメント

病院に行く時間のない人におすすめなのはローヤルゼリー、大豆やマカ、ビタミン剤などの有効成分が入ったサプリメントです。

ローヤルゼリーには自律神経症状やホルモンバランスを整える成分が含まれていて疲れづらくなるといった声もあります。大豆には大豆イソフラボンという女性ホルモンのバランスを整える効果があるのでサプリメントだけでなく食事に取り入れても有効です。マカは女性ホルモンを整える本来は生理痛などに効果があるようですが更年期にも同じく効果があるみたいです。

家でできる改善法

更年期障害では顔や頭のほてり・のぼせ症状が多くの人に見られるようでしかし足や手先などが冷える症状も同時に出てくるそうです。自宅で足湯や首の後ろを温めるなどはやっていくうちに汗が出にくくなったなど症状が改善するひとも多くいます。

他にはジムに通うなど進んで運動をする方もいます。エアロビやヨガなどやっていると更年期症状のことも忘れてしまって気付いたら治っていたなんて声もあります。運動で汗をかいて体内のバランスを整えることで心も体もリフレッシュできるのではないでしょうか。

あとは自分の趣味や集中できるものを見つけてストレスを発散しリフレッシュしましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ