更年期障害のホットフラッシュに悩む方必見!皆はどうしている?

更年期障害としてよく聞かれる症状の1つにホットフラッシュがあります。ホットフラッシュは時と場所を選ばずに突然発汗するため、悩んでいる女性が多くいます。

ここではホットフラッシュの症状と原因や対策、予防法や処方される薬について説明します。悩んでいる人の対処法もまとめましたので、ぜひ参考になさってくださいね。


更年期障害の悩み!ホットフラッシュとは?

ホットフラッシュとは、のぼせやほてりなど、体や顔が突然熱くなり汗が噴き出す更年期障害の症状です。発汗のタイミングや頻度などに個人差はあるものの、更年期の女性に多く見られます。医学的には血管運動神経症状と呼ばれます。

突然起きるホットフラッシュ!どのような症状がある?

症状には個人差があり様々ですが、多くは突然首周りや胸が熱くなり、背中に広がって発汗します。顔だけ熱くなって汗が止まらないという人や、寝汗をものすごくかくという人もいます。体は熱い反面、手足が冷える時もあります。

ホットフラッシュの原因は?メカニズムを理解しよう!

人と会っている時などに突然ホットフラッシュに見舞われると、本当に困りますね。ホットフラッシュの原因を探ってみましょう。

更年期のホルモンバランス

更年期はエストロゲンなどの女性ホルモンの量が減少する影響で、脳が司る自律神経が不安定になります。その結果、血管の拡張と収縮のコントロールがうまくいかずにホットフラッシュが起きます。

緊張すると起こりやすい

ホットフラッシュは交感神経の興奮が原因とされるため、元々の性格があがり症の人は発汗しやすいと言われます。

ホットフラッシュが起こったら?この方法で乗り切ろう!

昼夜問わず突然起こるホットフラッシュの対策法をまとめました。症状に悩む人はタオルや扇子、飲み物が必須のようです。脱ぎ着しやすい服装もおすすめします。

首や脇の下を冷やす

手持ちのタオルを濡らしたり、ウエットティッシュを使ったりして首の左右や脇の下を冷やすと落ち着きます。ただし、首の後ろは血管や神経が集まっているので、あまり冷やし過ぎないようにしましょう。濡らした後に扇子で風を送ると涼しく感じます。

ツボを刺激する

素人には難しいかもしれませんが、顔や上半身の汗を止めるツボを数分ほど圧迫して押してみましょう。脇の下にある大包(だいほう)というツボや、乳首の上3~5センチほどにある屋翳(おくえい)というツボに効果があると言われます。オフィスでは腕組みをして書類を見る格好にし、脇を押えて親指で胸のツボを押すという努力をしている人もいます。

ホットフラッシュの治療法は?辛いときは病院へ!

症状が辛い場合は、婦人科を受診することをおすすめします。ホットフラッシュが更年期によるものと診断された場合は、薬を処方してもらえます。似たような症状で、高血圧や甲状腺機能不全など他の病気のこともあるため、きちんと検査をしておくと安心ですね。

処方薬はどんなものがある?

症状を緩和する為に、ホルモンを補充する錠剤や、貼り薬など体に合ったものを処方してもらえます。ホルモン療法は正しく行えば心配ありません。体調などを詳しく伝え、医師に相談してみましょう。

更年期障害に効く漢方薬は?

ホルモンの薬に抵抗がある場合は、漢方薬の当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などを処方してもらえます。漢方薬局でも薬剤師が選んでくれますが、保険が利かないためやや高額になることがあります。

市販薬でも効果はある?

市販薬は手軽に購入できますが、様々な成分が入っているため、まれに体に合わないこともあるので注意しましょう。市販薬は処方薬に比べ効き目が弱く、効果が得られない場合もあります。また、サプリメントは医薬品ではなく健康食品の部類に入るため、お薬ほど大きな効果は見込めません。

ホットフラッシュの予防法は?悩んでいる人はこうしている!

発汗の症状が少しでも軽減するとありがたいですね。ホットフラッシュを予防している人たちの声を集めてみました。

運動を行って汗をかく

運動をしない人にとって、体を動かすのは苦痛かもしれません。初めは簡単なウオーキングなどで軽く汗をかいてみましょう。ストレッチを長めに行うのも良いですね。血液の循環が良くなると、ホットフラッシュが起こりにくいという声が聞かれます。元々運動を行う人は、更年期も積極的に体を動かしています。ホットフラッシュ対策だけでなく、健康のためにも少し汗をかくくらいの運動をおすすめします。

栄養のある食事を摂る

更年期障害の対策として、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボン、血流を良くするビタミンEなどが入った食品が良いですね。さらに自律神経の働きを良くするビタミンA、B、ミネラルもおすすめします。ただし、過剰摂取は体に負担がかかりますので、他の食材と一緒にバランス良く食べるようにしましょう。

更年期障害の辛いホットフラッシュ!どのくらいの期間続く?

更年期は閉経後も5年ほど続きますので、長く症状に悩まされる場合もあります。期間は個人差があり、数年で治まる人もいれば、10年ほど症状が出る人もいます。生活に支障が出るような場合は、婦人科を受診して相談してみましょう。

まとめ

更年期障害の症状、ホットフラッシュについてお話してきました。同じように悩む人の声も参考になったでしょうか。症状が出たら、冷やしてツボを押すのがポイントでしたね。運動や食事でも予防ができます。症状が重い場合は、婦人科で薬も処方してもらえるので、相談してみてくださいね。更年期障害に悩む女性は多くいます。正しい知識を得てうまく付き合いながら、皆で乗り越えましょう!

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ