更年期障害になる年齢とは?40歳代後半から50歳代前半!

更年期障害は更年期を迎えた女性の特徴とも言えるものでホットフラッシュやほてり、のぼせと言った症状に悩まされることになります。その年齢も40歳代後半から50歳代にかけて多いのです。

更年期障害の平均年齢はいくつくらいなのか、そしてどれくらいの年齢から始まり、どれくらいの年齢まで続くのか不安が消えません。ここでは更年期障害の年齢について調べて見ました。

更年期障害の平均年齢は?40代後半から50代前半

更年期障害が起こり始める年齢とは実は個人差が大きいのですが実際には40歳代後半から50歳代前半に症状を発症する人が多いのです。

なぜこの時期なの?

更年期障害が発症するのはなぜこの時期なのでしょうか。それは、更年期障害とは女性の閉経と大きく関係していて閉経の始まるおおよそ4~5年前から更年期障害は始まるようになるのです。そして閉経を挟んで5年から長くても10年くらいで症状が治るのです。

閉経の平均年齢は?

閉経の平均年齢は日本人の場合は50歳となっています。ただし、これにも個人差がありおおよそ45歳くらいから55歳くらいにかけてと幅があるのです。早く閉経を迎える人もいますが、43歳未満の閉経は早期閉経として診断されています。

更年期障害がひどくなる年齢は?閉経1~2年前

更年期障害が1番ひどくて辛い時期は、実は個人によって差がありはっきりとしていないというのが答えです。1番多く見られるのは閉経前の1~2年となっています。

閉経前に起こる生理の変化?

更年期障害が辛い時期に当たる閉経前になると起こる体の変化として次のような事が起こります。

    <更年期の生理周期の変化>

  • 生理周期が短くなってくる
  • 月経量が今までより増加する
  • その後は逆に生理周期が長くなる
  • その後は生理が飛ぶようになる
  • 不正出血が続くようになる
  • やがて閉経を迎える

更年期障害とは?体の変化です

それではそもそも更年期障害とはどのようなものなのでしょうか。簡単に整理してみましょう。

更年期とは?

更年期障害が発症する更年期とはどのようなものなのかというと思春期や成長期と同じような人間の成長段階の区別の時期を指し、閉経を迎える40代後半から50代の期間を更年期と呼んでいます。

更年期障害とは?

更年期を迎え女性に出る症状で、主な症状としてはホットフラッシュというほてりや汗が大量にでるという身体症状を中心に精神的症も見られます。

更年期障害にならない人はいるの?出にくいだけ

更年期障害は非常に辛い症状なのでできればならなければ幸せです。世の中には更年期障害にならない人はいるのでしょうか。

更年期障害が無いように見える人?

世の中には50代になってもまるで更年期障害など無いかのように過ごしている人もいます。実はこのような人たちは更年期障害が無いのではなくホルモンの減少が緩やかなため症状自体が気にならない程度であるのです。

出やすい人と出にくい人の違い?

更年期障害がひどく出るのかそんなに出なかったり、出にくい人にはある程度の傾向があります。ただしホルモンの関係が大きいので必ずしもそうとは限りませんが、整理すると症状がひどくなりやすい人は、生理痛がひどかったり、ストレスに弱く体調を崩しやすい人、冷え性、生活が不規則な人となります。逆に出にくい人は適度な運動をしていて生活習慣が規則正しい人は出にくいのです。

遅い時期の更年期障害?他の病気の可能性

更年期障害は40代後半から50代前半にかけて症状がでるのですが、中には60代になって更年期障害となる人がいます。この理由はなぜなのでしょうか。

更年期障害が遅い理由

更年期障害が遅くなる理由の一つは閉経の時期が遅れている場合があります。これは更年期障害が閉経と密接に関係がある為です。

一度治まったのに?

60代になって更年期障害に悩まされている人の中で一度更年期障害が治まったのに再度同様の症状が出ている人がいます。実はこれは更年期障害に似ていますがストレスが原因で発症している可能性が非常に高いのです。この場合は、他の病気が隠れている場合も多いので専門の医療機関で診察を受けるようにして下さい。

まとめ

更年期障害は女性の体の成長過程における閉経と非常に密接な関係があるため発症する年齢は閉経の平均年齢の50歳を挟んだ前後5年、45歳くらいから55歳くらいまでに症状がでるのです。特に閉経前の1~2年がホルモンの減少がひどくなる事もあり症状がひどくなります。

更年期障害はホルモンバランスの影響で発症するのですが、中には症状が軽く、更年期障害になっていないように見える人もいますが、そのような人の傾向は、適度に運動を行なっていて生活習慣も規則正しく生活している事が多いのです。

また、60歳代になっても更年期障害を発症している人の中には閉経が遅かったという人もいますが、すでに一度なっていて治まった後なのに再度症状が出ている場合は、他の病気が発症している可能性もあるので専門の医療機関で診察を受けるようにして下さい。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ