辛かった更年期障害の体験談や対処法について 女性 46歳 T.Y.さん

女性でしたら誰でも一度は通るのが更年期です。日本人女性の閉経の平均年齢が50歳ですので、その前後の10年間は更年期障害の起こり得る時期と言えます。

よって40代や50代の女性にとっては、これからの人生においてもとても関心があることの一つと言えるでしょう。閉経の時期は個人個人によって異なっているように、更年期障害の症状にも各自で個人差があるようです。


更年期障害になる前はどのような感じだったか

更年期になる以前は、毎朝決まった時間にきちんと起きることが出来て、普通に化粧をして服に着替えて満員電車に揺られて元気に出勤していました。

会社の周りの人間からも、40代になっても相変わらずお元気でパワフルですね、としょっちゅう褒めてもらっていました。風邪などもほとんどひくことがなくて、薬や医者いらずの元気さでがむしゃらに仕事をしていました。

いつごろから更年期障害になり始めたか

45を過ぎたころから、だんだんと朝起きるのが辛くなってきて、毎朝起きるたびに真夏の様にびっしょりと汗をかき始めました。何とか起きて会社に行こうとしても、ふらふらと目眩がすることが多くなり、だんだんと会社を休みがちになって行ったのです。

あまりにひどい体調不良だったため病院で検査をしてみると更年期障害だと言われたので、パートの仕事はやめて自宅で安静にする日々が始まりました。

更年期障害で辛いこと

突然冷や汗が止まらなくなったり、寒気が襲ってきたりするので、自分の身体を自分でもコントロールすることが出来ないことが辛いです。

朝も具合が悪くて横になっていると、決して家事をサボって起きないわけではないのに、主人からは気持ちが少し弛んでいるのではないかと怒られてしまうのも心に深く傷がつきます。

つい最近までできていたことがだんだんと出来なくなっていくのが自分でも情けなくなってしまって、たまらなく不安になってしまいます。

どういう対策をしているか

日の光を浴びることは自律神経にも効果があると聞いたので、軽く散歩しながら日向ぼっこをするようにしています。

ストレスが更年期を悪化させるとも聞いたので、部屋で好きな音楽をゆったりと流したり、半身浴をしながら好きな本をお風呂の中でのんびり読んだりしています。

また、実母散というお茶が血の巡りを良くしてくれるそうなので、毎日飲むように心がけています。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ