更年期障害の対策とは?他の病気の可能性もあり注意が必要!

更年期障害」は、体験した人でなければわかりにくいかもしれませんが、まわりの理解を得にくいという点で、大変つらい症状だとも言えます。

特に有名なのは「汗」が大量に出る症状ですね。

これらの症状などもやわらげる対策を、いくつかあげてみましょう。


更年期障害の症状って、どんなものがあるの?

「更年期障害」の代表的な症状に「熱くもないのに、大量に汗をかく」というものがあります。汗はさらりとしたものではなく、ねっとり、じっとりとしていて、きついにおいを伴いやすいという特徴があり、不快感を強める要因となります。

同時に、頭に血が上ったようになる「のぼせ」や、顔や上半身がカーッと熱くなったりする「ほてり」が起こることがあり、これらの症状をまとめて「ホットフラッシュ」と呼びます。

時間を問わずに発生し、緊張やストレスがきっかけで起こることもあり、これによって人に会うことが億劫になって、精神的に不安定になることも少なくありません。

さらには、熱くなった後に急激に体が冷える、上半身は熱いのに下半身は冷たいなどといった「のぼせ」と「冷え」が同時に起こる場合や、「頭痛」「肩こり」「めまい」などが起こる場合もあります。

更年期障害はなぜ起こるの?

更年期前後によって起こる閉経によって、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが減少すると、脳は「卵胞刺激ホルモン」を分泌して、卵巣からエストロゲンを分泌するよう促します。

しかし、更年期をむかえた卵巣は、十分なエストロゲンを分泌することが出来ず、ホルモンのバランスが乱れます。それにより、血管の拡張や収縮がうまくコントロールできなくなることで、これらの症状が起こります。

更年期女性の、だいたい40~70%の人にこの症状が現れると言われていますが、症状の程度には個人差があり、あまり気にならないレベルから、もう生きていたくないと深刻に感じるレベルのものまでさまざまです。

どう対処すればいい?普段の生活でできること

日ごろから、身体を動かすように心がけましょう。身体を動かさない生活を続けると、汗腺がお休みの状態になってしまい、活発な汗腺があるわきの下や顔にのみ汗が集中してしまいます。

軽い運動を行って、全身の汗腺を機能させて、汗を全身からバランスよく出すようにすることが大切です。また、吸水性や速乾性のある肌着を身に着け、タオルやハンカチを常に携帯することなども大切です。

抗菌防臭加工が施されたものだと、より安心ですね。小さな保冷材など携帯して、カーッとなるのを感じたら、首の後ろにある血管を冷やしたりすることも効果的です。「肥満にならないようにする」「ストレスをためないようにする」なども重要になります。

あまり深刻にならずに、おおらかな気持ちで対応することも大切かもしれませんね。

食事によって改善できる可能性も?効果的な食品とは?

意外なようですが、下半身を温めると、症状をやわらげるのにはよいようです。

冷たいものを飲んだりするのは、むしろ逆効果で、温かいものを飲んで、血のめぐりを良くすることがポイントだとされています。腹巻をしたら、症状が改善されたという報告もあります。

他にも「砂糖が身体を冷やすので、砂糖を多く含んだお菓子などを控える」「カフェイン・アルコール・たばこ・辛い食べ物などを控える」「イソフラボンが含まれる大豆製品をとる」「コレストレールを抑える不飽和脂肪酸をとる」「イライラしないようカルシウムをとる」などの対策が有効です。

症状がひどい場合は病院へ!他の病気の可能性も

血液中の女性ホルモンの濃度を調べた上で、その結果に基づいた治療が行われます。「ホルモン補充療法」というエストロゲンを補充する治療が一般的ですが、ホルモン補充療法が行えない場合は「漢方療法」を行ったり、精神症状が主である場合は「抗うつ薬・抗不安薬」などによる治療が行われたりすることもあります。

特に精神症状が強い場合には「カウンセリング」などの治療が行われます。中には、高血圧やバセドウ病などの病気が潜んでいる場合もありますので、「仕方ない」と思わずに一度病院で診てもらった方がよいかもしれません。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ