突然のめまい、実は更年期障害かも!

ある日突然、身動きがとれないほどの激しいめまいに襲われた経験のある女性は多いかと思います。

目の前の景色がくるくると移動していくように感じ、吐き気を伴うこともある回転性のめまい、ふわふわと身体が浮いて揺れているような感覚の浮動性めまい、急に立ち上がった時や長時間立っていると起こる立ちくらみ。

めまいにもいろいろありますが、40代の女性が訴えるめまいの多くは、更年期障害に関係しています。めまいは更年期障害の代表的な症状なのです。


ホルモン減少からくる自律神経の乱れ

更年期障害とは閉経前後10年くらいの身体的、精神的な不調のことを呼びます。年齢とともに卵巣の働きが衰えると女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少します。

その卵巣をコントロールしようと脳が性刺激ホルモンの分泌を促す指令を出すため、自律神経を刺激して失調症になるのです。自律神経に失調をきたすと、心身にさまざまな変化が現れます。

ほてりのぼせといった全身症状から肩こり腰痛、そしてイライラや不安,睡眠障害、うつなど精神的な不調、頭痛やめまいに悩まされる人が多くなります。

更年期にめまいが起きやすい理由

更年期にめまいが多く発生するのは女性ホルモンの低下の影響があるといわれています。ぐるぐると回る回転性のめまいは原因が耳から来ていることが多く、多くは平衡感覚を司る三半規管の中に耳石と呼ばれる石が入ることによって起こるものです。

女性ホルモンが低下するとカルシウムが不足し、耳石がはがれやすくなるからです。浮動性のめまいは高血圧や脳血管障害などの他に自律神経の乱れからくることもあります。肩や首のこりも原因のひとつです。

生活の見直しと改善

更年期の不調をやわらげるのには、大切なのが生活のリズムを整えることです。お酒の飲みすぎやたばこなど生活習慣の見直しをし、家庭や仕事でのストレスをためないように心身のリラックスを心がけるのが必要です。

そんな時にはサプリメントの助けを借りるのも方法のひとつです。エストロゲンと同じ働きをするといわれる大豆イソフラボンや、自律神経を抑える働きのあるサポニン、ホルモンバランスを整える亜鉛や骨粗しょう症の予防になるカルシウムなどです。

ビタミンは脳の血液の流れをよくしてめまいを改善します。自律神経を整えるには、その原因ともなる過度のストレスや疲労、睡眠不足を解消することが重要です。そしてビタミンやミネラルなどのバランスの取れた食生活を心がけることでもめまいの症状の改善へとつながっていきます。

めまいの中には更年期が原因ではないめまいもあるため、まずは病院を受診し正確な診断を受けることが大切です。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ