更年期特有のイライラへの対処法は?

更年期の症状の一つとして、イライラが挙げられます。イライラの原因は、閉経間近になると、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌が少なくなることにあります。エストロゲンには、女性の精神状態を安定させる働きがあります。

ところが、エストロゲンの分泌が減ってしまうことで、自律神経が乱れて倦怠感などが生じ、ちょっとしたことでもイライラするようになるのです。今回は更年期特有のイライラへの対処法を紹介します。


対処法1:食事

牛乳、ヨーグルトなどに含まれるカルシウムが不足すると、イライラしやすくなります。また、ごま、ナッツ類、ひじき等の海藻などに含まれるマグネシウムが不足することでもイライラが生じます。

納豆や豆腐などの大豆製品に含まれるイソフラボンは女性ホルモンに似た働きがあり、イライラ緩和に効果があります。そして、最近注目の亜麻仁油に含まれるアマニリグナンも、イソフラボンと同様に女性ホルモンと似た働きがあるので、更年期のイライラ緩和に有効です。

さらに、キウイ、イチゴ、グレープフルーツに含まれるビタミンCはストレスを感じることでどんどん消費されてしまいますが、ビタミンCを摂取することでイライラを予防することができます。イライラを緩和する食材を積極的に取り入れましょう。

対処法2:運動

イライラを緩和するためには、運動も効果的です。更年期になると体力が落ちて疲れやすく、どうしても運動不足になりがちです。

しかし、運動はストレス解消に役立ち、さらには熟睡できるようにもなることで自律神経を安定させるのに効果があります。運動不足になると、精神安定に役立つ脳内の神経伝達物質であるセロトニンの伝達に関わる神経も衰えさせることになり、イライラを助長してしまいます。

セロトニンは、太陽の光を浴びることで増やすことができます。イライラ予防のために、朝の光を浴びながらのウォーキングやジョキングを取り入れるとよいでしょう。

対処法3:アロマ

アロマテラピーは、更年期特有のイライラを緩和するのに効果的です。よい香りを嗅ぐことで女性ホルモンの分泌を促してホルモンバランスを整え、かつ自律神経を整えることにも有効だからです。

洗面器にお湯を入れて、精油を1滴たらして香りをかいでみましょう。おすすめの香りとしては、不安や緊張、ストレスから解放されたいときに効果があるイランイラン、情緒不安定なときに効果があるゼラニウム、リラックスして安眠したいときに効果があるラベンダー、不安な気持ちを抑えてくれるネロリ、リラックス効果や不眠への効果のあるカモミール・ローマンです。

自分が好きな香りを見つけて、生活に取り入れてみましょう。更年期特有のイライラのせいで、周りの人を傷つけるようなことになるのはお互いのためによくありません。イライラを緩和する食事、運動、アロマを取り入れて、更年期を上手に乗り切りましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ