更年期障害の症状で便秘?便秘を改善するために気を付ける事

更年期障害はいろいろな不快な症状が現れます。その中でも便秘に苦しめられる人もいるでしょう。早くそんな状況から脱出したいですよね。

そこで更年期障害における便秘の解消法について解説します。


更年期障害と慢性的な便秘

女性の人が更年期に便秘になる原因として、卵巣機能が衰える事によりエストロゲンの分泌が少なくなる事がその1つです。

減少すると自律神経のバランスが崩れます。人間は交感神経と副交感神経が、それぞれの状況で働き身体の機能はバランスを保っています。

でもエストロゲンが減ると、自律神経のバランスが崩れて、イライラや落ち込む事が増えます。ストレスも増えていき、副交感神経の働きが鈍くなり、交感神経優位になると痙攣性便秘になってしまいます。

便秘解消は日常生活がカギ

更年期の便秘改善をする上で日常で気を付けたい事は、まずはトイレは我慢せずに規則正しい生活を送りましょう。

トイレに行くのは大人になってもちょっぴり恥ずかしい人もいるとは思いますが、必要以上に気にせずに便意を感じたらトイレに入りましょう。というのも便意があるのに我慢していると、今度は直腸性便秘の原因にもなります。

また、便意解消のために市販の下剤を使う事を思いつく人も多いでしょうが、大腸に刺激を与えないためにあまり使用をおすすめできません。どうしても下剤を使いたいのなら医師や薬剤師に処方してもらう方が良いでしょう。

食物繊維を忘れずに

1日3食の生活を心掛けていると便秘の予防にも効果的です。食生活が規則正しいリズムで行われると、それに合わせて排便リズムも整うからです。

また、食事のポイントとしては食物繊維をたくさん含んでいるものを食べましょう。腸の働きが良くなります。

食物繊維には2種類あります。水溶性食物繊維を不溶性食物繊維です。痙攣性便秘の場合は不溶性食物繊維を摂りすぎると大腸に刺激があるので、逆効果になります。バランスよく摂りましょう。

また、便秘には善玉菌を増やす事も必要です。ビフィズス菌や乳酸菌は腸内の働きを活発にしますから、便秘解消に貢献してくれます。

更年期における便秘解消には、普段の生活や食生活などを見直しましょう。自分の生活を思い浮かべて改善点があれば気を付けましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ