更年期障害の精神面と肉体面のつらさは?

更年期障害は人が生きていく上での乗り越えなければならないものなのですが、個人差もあり、向き合うのは大変な体の不調です。

精神的、肉体的の2重苦がますますつらさを感じさせます。


精神面のつらさ

更年期障害と言われて精神的に落ち込む場合があります。閉経前後の症状ですから、「自分は女の部分がなくなってしまった」のではないかと思ったり、回りからのも女性扱いされず「中性」に見られたり悩まされた方も多いのではないでしょうか

ですが、それはむかしの話です。今は誰もが認知はしている症状です。対応してくれる病院もあります。誰もが遭遇する「お年頃」になったと過ごすことが出来れば軽度の苦痛で住むのではないでしょうか。年齢差などがあって、聞き間違いなどをしてしまった時は「更年期障害だから」と言い訳して笑い飛ばしましょう。

肉体面のつらさ

肉体的につらいのは、動悸、便秘などがありますが、汗も困りものです。自分でコントロール出来ず、冷房がガンガン効いている部屋でもダラダラと汗が噴き出して、ハンカチでは足りず、タオルが必要となることもあります。

個人差もありますが、数分後は何事もなかったように汗がスーと引いていき、また数時間後に汗が噴き出すことの繰り返しです。自宅では困りませんが、出かけた時に回りの人の目が気になって出かけるのが億劫になったり、出かけるのをやめたりしまう人もいます。

回りの人の目なんか気にすることはありません。汗が噴き出して来たらお手洗いに行って落ち着けばいいのです。

更年期障害は脳が混乱している状態?

同年代でも更年期障害の始まる年齢はバラバラですが、同年代の人たちと出かけてお互いの症状を話しましょう。「更年期障害あるある」です。それだけで落ち込みは解消されます。

病院のホルモン注射などの治療が必要?と話して、と自分だけで抱え込まないことです。「でも、そう簡単ではないのよ。」わかります、その気持ち。

閉経前後、子宮の働きが衰えていきます。その衰えた子宮に働きなさいと、頭(脳)は命令します。いままで命令通りに子宮が働かない、それで頭(脳)が混乱している状態で、いろいろな症状が出ると聞いたことがあります。

医学的ではない話かもしれませんが、素人にわかりやすい話だと思います。汗が噴き出したら「脳さん、働けって言ってももう働くのがいやなんだから、そうハッパかけないで。」と言い聞かせて過ごします。いづれ、その闘いは終わりますから。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ