つらい更年期障害のスタートっていつから?

更年期障害について悩む女性って多いですよね。

個人差があるため、はっきりした境界線が見当たらず、今の自分は更年期の症状が出ているのか、いつからスタートしたのか気になるところです。では、どういった状態が始まりなのでしょうか。


更年期の個人差

一般的に更年期障害の年齢は、45才~55才と言われています。日本人の閉経年齢は50才前後と考えられていますので、この前後5年が更年期障害の期間にあたります。

更年期障害は、閉経に伴い、卵巣機能が低下して女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減ることが原因で起こります。そのため、ほてり、のぼせ、イライラ、発汗などの症状が出ます。

しかし、個人差があるので注意が必要です。ホルモン分泌の乱れに体と心が反応しやすく症状が重く出てしまう方もします。

更年期スタートとは

近年、20代~30代の若い世代にも若年性更年期という症状が見られるようになってきました。ほてり、頭痛、イライラ、発汗、憂うつ、のぼせなどの症状が挙げられます。この症状が増加している訳は、不規則な生活、過労、無理なダイエット、大きなストレスなどが背景にあります。

女性は、20代~30代で社会人としての大きな重圧や人生の大きな節目を経験することも多く症状として体に出るのでしょう。

ですから、更年期障害のスタートラインの、はっきりした線引きがなくなってきています。不安になるようでしたら、自分の病状は更年期障害が原因で症状が出ているのかどうかを婦人科などの専門病院を受診することも大切です。更年期障害は、早めの受診で症状が軽くなり改善に繋がります。

どう向き合うか

更年期障害の期間は長い方では10年、短い方で1年程度とされています。身体的につらいと感じる方も多く、つらさから精神的にも支障が出ることもあります。

しかし、ホルモンバランスが安定するまでの期間ですので、一生続くものではありません。明るい気持ちで更年期障害と向き合っていきましょう。毎日、適度な運動を心がける、栄養バランスの整った食事をとるなど自分でできる簡単な改善方法もあります。

また、重い症状が出ても更年期だからと我慢される方も多数います。これは、かなり危険です。

更年期障害の裏に何か他の病気が隠れているケースもありますので、つらいと感じたらぜひ、病院への受診をおすすめします。ホルモン補充療法、漢方薬、自立神経の調整薬などの改善薬があります。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ