つらい更年期障害には女性ホルモンが関係しているってホント?

更年期障害という言葉を聞いた事がある人は多いでしょう。女性の場合はどのような事が要因で起こるのでしょうか?

実は女性の更年期障害は女性ホルモンのエストロゲンが関係しています。女性は美容に関心が高いですから聞いた事ある人も多いでしょう。

ここでは更年期障害と女性ホルモンの関係について見ていきましょう。


年齢に応じて働く女性ホルモン

ホルモンとは内分泌腺から分泌される体内のいろいろな臓器の働きを調整する役割がある物質の事です。ホルモンには男女で共通するホルモンもあります。

例えば、脳の視床下部や甲状腺、副腎などから分泌されるホルモンがそうです。女性特有のホルモンとしてはエストロゲンとプロゲステロンです。これらの事を一般的に女性ホルモンと呼びます。

そしてこれらのホルモンは、排卵や月経をコントロールする、妊娠、出産をサポートする、女性の美しさや健康を守るなどの働きがあります。

エストロゲンが減ると更年期障害になる

年齢を重ねると女性ホルモンの分泌の量は変化していきます。エストロゲンの分泌量は18歳から40歳ぐらいの間が最も多く、40歳ぐらいから減少を始め、閉経の前後で大きく減ります。

この、ホルモンの変化が著しい閉経前後のおよそ5年間を更年期障害と呼びます。一般的には40代後半頃から始まると考えらていますが、中には30代後半や50代半ばから始まる人もいます。個人差が大きいです。

同様に、閉経の時期や閉経までの過程も人によってはいろいろです。ある日急に月経がこなくなる人や少しずつ間隔が開いて、量も減ってと少しずつ進む人もいます。

自律神経が乱れると心身に不調が起こる

更年期に入ると卵巣の機能が低下してエストロゲンが分泌される量は減ります。そうなると、脳の視床下部がエストロゲンを多く分泌させる性腺刺激ホルモン放出ホルモンを分泌してさらにこれにより脳下垂体から性線維劇ホルモンを分泌させます。

通常はこの性線刺激ホルモンのおかげで卵巣からエストロゲンが出るようになっているのですが、更年期では卵巣の機能が低下してしまっているので、いくら性線刺激ホルモンの量が多くてもエストロゲンの量は増えません。

このような事を繰り返していると、ホルモンや自律神経のバランスが崩れます。それによって、ほてりやめまい、動悸などの身体にでる不快な症状やイライラ、不安などの精神的な不快症状が出てきます。これが更年期障害です。

人間の心身の調子にはホルモンが大きく関係しています。そしてホルモンの分泌量の変化は人それぞれです。思い当たる方は今更年期障害の時期なのかもしれませんよ。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ