女性の更年期障害とはいつから始まる?その時の症状と正しい対応について!

40代に近くなると女性なら誰もが、更年期という言葉を気にしながら何時来るかは分からないけれど必ず自分にも訪れる日が来ると思いながら生活しています。
生理が無くなるという事とイライラするらしいと想像しながら、生理が無くなると女性として寂しいと感じながらも、毎日を過ごしています。

他にもどんな変化が起こるのか、どのような変化が自分に現れるのか不安な気持ちを持ちながら毎日を過ごしている方も少なくはないのです。

今回は、そんな更年期障害が何時から始まるのかについてと、気になる症状や対応等についても調べてみました。

誰もが知っている単語の更年期障害とは?女性ホルモンがポイントです!

女性の身体が活発に働く時期を過ぎて、休める為の時期が近づくと身体の方もその準備の為に卵巣の働きも低下して女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)が減少する時期を更年期と呼んでいます。

そして、この更年期の時期に現れる、女性の身体に生じる精神的な影響で出る症状や身体的な影響で出る症状を更年期障害といいます。

どんな症状があるか

更年期に入るのが、人によって時期が違うように更年期障害についても症状の出方は人それぞれに違いがあります。主な症状をご紹介します。

多くの人に見られる症状として、

  • 一つは、ほてりです。女性ホルモンのバランスが崩れる事で自律神経に影響が出て皮膚の表面に近い血管の収縮や拡張が繰り返される事で生じます。
  • 二つ目は、生理不順です。周期が25日から38日の間が正常な周期ですが、これがあてはまらずに、周期が短くなったり、遅くなったりを繰り返す状態です。
  • 三つ目は、便秘や下痢が繰り返される。自律神経がバランスを崩す事で大腸の働きも乱れるので生じます。

上記の他にも数多くの症状が、現れるのですが全てが更年期障害と判断する事は難しいので病院へ行かれる事をお薦めします。

原因はなんなのか

卵巣機能低下して、女性ホルモンエストロゲンが減少するからです。女性ホルモンのエストロゲンは、女性らしい身体を作る事と、自律神経を整えたり、血管収縮のコントロールもするので、女性ホルモンが少なくなる事で支障が色々なところに出てきます。

また、ホルモンが原因だけではなく、40代50代の女性を取り巻く生活環境が大きく変化しやすい時期になっている事も要因のひとつになっています。

何時始まるという決まりがあるの?生理の変化がポイントです!

更年期に入る時期には、決まりがなくて人によって違いがあります。早い人は30代から、遅い方は60代というように更年期障害の出る時期については個人差があります。何時来るという決まりは無いのです。

時期は人それぞれです

更年期障害が始まる時期は、人によって違いがありキチンとここからここまでですという事が出来ないのですが、閉経を挟んで前後5年から10年の間を言います。はじめの症状として、生理不順が続くなどの症状が現れる方が多いです。目安と考えても良いですね。

若くても油断できない?若年性更年期障害!

最近は、女性の置かれている環境の影響でストレスを受ける人も多く20代から30代の若い方の間でも「若年性更年期障害」といわれる、更年期の更年期障害と同じ症状に悩まされている方も増えています。

ストレスの他に、若い頃に無理なダイエット等を繰り返したり、生理が止まった等の経験がある方にも現れています。

婦人科を受診しましょう

どの症状が出ても、自分で更年期障害から来るものと正しい判断をする事はやさしくはありませんので、早めに婦人科へ受診される事をお薦めします。

更年期障害の対応は自分で出来る?病院へ行きながら自己対応!

症状がとても軽い状態で、普段の生活をする上で支障が何も無いという事でない限り病院へ行き正しい診断を受ける事をお薦めします。その上で出来る、自己対応についてご案内させて頂きます。

病院でするべき事

病院へ行くと、ご自身の今の状況を全て話す事から始まります。問診から始まり必要な検査をして、更年期障害なのか、そうでないかの診断を受けます。

更年期障害の診断を受けた後は、患者さんの状況に合わせてのホルモン補充治療になります。ご自身の希望も含めて、医師とよく相談をして進めると良いでしょう。

自分でも出きる事

病院での治療を進めながら、普段の生活の中に取り入れる事が出来て簡単に出来る事なのですが、まず生活を見直しましょう。

身体を動かします。特別な事ではなく、ゆっくりと呼吸をした運動で汗をかきましょう。汗をかく事で体温の調整をする自律神経の働きを効果的に上げる事が出来ます。

食生活も見直しましょう。1日3食キチンと毎日、栄養のバランスを考えて、偏った食事を改めて好き嫌いをしないで、何でも食べましょう。

注意が必要です!更年期障害と似た症状の病気がある?

気をつけなければいけないのは、症状が出た時に更年期だから大丈夫大きな病気ではないと自分で判断してしまう事です。特に症状が軽いとついつい後回しにしてしまいますが、中にはとても危険な、状態になっている時もありますので注意が必要です。

考えられる病気です

生理不順が、子宮筋腫だったり、ほてりが高血圧や動脈硬化症だったり、便秘や下痢を繰り返す時等は大腸に大きな病気が隠れている事もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、更年期障害が何時からか始まるのか?その時の症状や対応についてご案内させて頂きました。お分かりいただけましたでしょうか?

症状の出方は、人により差がありますが更年期障害でも気持ちよく過ごす事が出来る為にも無理をしない事、病院へ行く事を忘れないで下さいね。

体調の悪い時には、無理をせず家族などにもキチンと説明をして協力してもらいましょう。家族の協力と理解はとても大きな力になります。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ