更年期障害とは?女性ホルモン、特にエストロゲンに注目!

40代~50代の女性の悩みの一つに「更年期障害」があります。気温が高いわけではないのに汗をかいたり、体が熱くてのぼせたようになる。

イライラしたり、憂鬱な気持ちになる。耳鳴りや頭痛を感じるなど症状は様々です。更年期障害はすべての人がなるわけではありませんが、症状が重い方だと日常生活に支障をきたすこともあります。

ではなぜ更年期障害になるのでしょうか?それは「女性ホルモン」と深い関わりがあります。


女性ホルモンって何?

そもそもホルモンとは内分泌腺から分泌され、代謝や神経伝達など様々な臓器の働きを調整する物質です。脳の視床下部や甲状腺から分泌される男女共通のホルモンもありますが女性特有のホルモンもあります。

この女性特有のホルモンの中の「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の二つをまとめて女性ホルモンと呼びます。

エストロゲンは女性らしい体を作ったり、排卵をおこすなど妊娠に必要な子宮の環境を整えます。プロゲステロンは子宮を妊娠しやすい状態にしたり妊娠を維持する働きがあります。

更年期障害に関わるのはどっちの女性ホルモン?

更年期障害の原因に挙げられるのはエストロゲンです。エストロゲン18歳~40歳頃が最も分泌量が多く、卵巣機能の低下とともに40歳以降は徐々に減り始め閉経の前後で急激に減少します

その分泌量の変化が大きい閉経前後の約5年間を「更年期」と呼びます。時期については40代が多いと言われますが非常に個人差があるため30代から始まる人もいれば50代になってからという人もいます。

若いうちは脳がエストロゲンを出すように卵巣や子宮に指示を出すとそれにきちんと応えることができますが、卵巣機能が低下するといくら脳から指示を受けてもエストロゲンを大量に分泌することができません。

すると脳は更に指示を出してしまいます。それを繰り返すうちにホルモンのバランスが乱れてしまい、更年期障害の症状が出てしまうのです。

治療としてのホルモン投与

更年期障害はエストロゲンの分泌不足が主な原因なので、治療としてエストロゲンを補充する方法があります。飲み薬や張り薬によって摂取します。子宮がある場合はプロゲステロンも一緒に処方されることが多いです。

副作用などは個人差がありますが、もともと女性の体内に存在する女性ホルモンを使った治療法として日本だけではなく多くの国で有効性が示されています。健康保険も適用されます。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ