辛い更年期障害は治療と生活習慣の見直しで乗り切ろう!

更年期障害とは、女性の閉経後に女性ホルモンの分泌が減り、自律神経失調症を引き起こすものです。具体的には、顔ののぼせ、ほてり、発汗などが起こります。また女性ホルモンが減少することで骨粗しょう症になりやすくなります。

加えてこの時期は夫の定年や子供の受験など家庭環境の変化が大きく、精神症状も起こりやすくなります。更年期障害が出たら、自分の体と向き合う時期だと前向きにとらえて生活習慣を見直してみましょう。


更年期障害の一般的な治療

自律神経失調症の症状にはエストロゲンによるホルモン補充療法(HRT)や、自律神経調整薬による薬物療法が中心となります。

精神症状には抗精神薬などが使われますが、ホルモン補充療法が効果が出ることもあります。また、家庭環境の変化などが原因と考えられる場合は誰かに相談したりカウンセリングを受けることもよいでしょう。まずは専門医にかかり、血中のホルモン検査などをしてもらいましょう。

更年期障害のときに取りたい食材

ホルモンに作用する栄養素として、ビタミンEホルモン分泌作用があり血行を良くするものです。かぼちゃやアボカド、ナッツ類に含まれます。

亜鉛ホルモンバランスを整えます。牡蠣、レバー、ゴマなどに含まれます。大豆イソフラボンはエストロゲンと似た作用があると言われています。豆腐や納豆、みそに含まれます。

自律神経に作用する栄養素として、ビタミンB1やビタミンB12自律神経の働きを維持します。豚肉やレバー、あさり、牡蠣などに多く含まれます。

ビタミンCストレスに対抗して体を守る働きがあります。レモンやイチゴ、ほうれん草、ブロッコリーに含まれます。

更年期障害の時期に行いたい運動

運動を行うことは、ストレスを緩和し、精神的な不安定さを軽減する効果があります。また、生活習慣病の予防、骨粗しょう症の予防の効果があります。

具体的には、ウォーキング、水泳、ヨガなど体に大きな負担がないものを選ぶとよいでしょう。少し汗をかくくらい、「ちょっと疲れる」くらいの運動量にしましょう。週に3回くらいの頻度で継続してみてください。

更年期障害が起こる時期というのは閉経という、体にとって大きな変化が起こる時期でもあり、家庭環境が大きく変わる時期でもあります。たまたまいろいろ重なる時期だと割り切ってしまう気持ちも大事かもしれません。大変な時期ですが自分の心と体に耳を傾け、自分をいたわる気持ちを持ちましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ