更年期障害とホルモンの関係とは?急激な減少が原因です

女性の体は一生を通じて変化していきます。またそれには女性ホルモンが深く関係しており、減少することで更年期障害などを引き起こすといわれています。

45歳から55歳までの間を更年期と呼びますが、この10年間は体に変化も起こりやすいでしょう。これから起こる変化に備え少しでもしくみなど知っておくと安心かもしれません。


女性ホルモンはずっと同じ?40歳を境に減少

女性の体の中では女性ホルモンがつくられていますが、それにより体のバランスなども保たれ日常を過ごすことができています。普段は気が付きにくいのですが、とても重要な役割を担っているといえるでしょう。

ただ女性ホルモンの量はいつも同じではありません。一生を通じてどんどん変化していきますので注意する必要があるでしょう。ちょうど40歳を過ぎたくらいから卵巣の機能が低下してホルモンの量が減少してきてしまいますので、それに伴い体にも変化がおこってきます。

最初のうちはまだその変化も少ないため、なんとか自分でコントロールし乗り越えることができますが、それも次第にしんどくなってくるでしょう。

だいたい50歳前後で閉経するといわれていますが、そのころになると女性ホルモンが急激に減少しますのでこれにより体のバランスが大きく崩れ、更年期障害といわれる様々な症状があらわれ始めます。

更年期障害はどうしておこる?しくみとは

卵巣の機能低下により女性ホルモンが減少しますが、女性ホルモンの中に含まれるエストロゲンが少なくなることで体のバランスが崩れてしまいます。

そうなると当然体にもよくありませんので、それを補おうと脳からは女性ホルモンをつくるように信号が送られてくるでしょう。ただ作るほうの卵巣はすでに機能が低下しているためそれにこたえることができません。

そうなると信号ばかりが送られている状態となり、一方的なバランスの悪い状態となってしまうでしょう。またそれは周りの脳にも余計な刺激を与えてしまうため、それにより自律神経がうまく調節できないという事がおこってしまいます。

これにより様々な症状がでてしまいますが、最初は理由もわからないためしんどい思いをする人も多いのではないでしょうか。

特別な事ではありません!誰でもなります

更年期障害というととても不安に思うかもしれませんが、誰もが一度は経験するものです。女性ホルモンの低下はいつかは起こる事ですので、あまり構えすぎるのもよくないでしょう。

一般的には45歳から55歳の間を更年期と呼んでいますが、個人差もありますので限定はできません。最近では無理なダイエットなどによって若くても同じような症状が起きることもありますし、普段から体の変化には気を付けて日々を過ごす必要があるでしょう。

日常生活に支障をきたすような変化があった場合は我慢せずすみやかに受診した方がいいでしょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ