更年期障害っていったいどんなもの?症状があれば我慢せず婦人科へ

更年期障害ということばを、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。ざっくりとなんだか悪いイメージをもっている…。だけど実はよくわからない、という方も多いと思います。

今回は更年期障害について簡潔にまとめました。


更年期障害ってよく聞くけどいったいどんなもの?

更年期障害とは、ある特有の不定愁訴を総称していいます。一般的に、女性は40代になると徐々に生理不順が起こり始めます。

そして平均的に50歳前後で閉経を迎え、性成熟期から生殖不能期に移行します。この45~55歳程度までの期間を更年期といいます。

更年期を迎えると様々なホルモンの乱れから、自律神経失調症のような身体的症状と精神的症状がみられるようになります。それらが原因となり起こる不定愁訴を更年期障害と呼んでいます。

どうして更年期障害が起こるの?それはホルモンバランスの乱れ

更年期障害の原因は、女性ホルモンのバランスが乱れることです。女性は40代ごろから徐々に卵巣の機能が低下し始めます。卵巣から出るホルモンであるエストロゲンの分泌が減少し始めるのです。

すると、もっとエストロゲンを出すように、今度は視床下部のほうから命令が出されるようになります。その命令が出ても卵巣機能が低下しているとホルモンを出すことがはできません。

それどころか、その命令が脳のほかの部位に余計な刺激を与え、不要な興奮が起こってしまいます。その結果自律神経が乱れ、心身の不調が起こってしまうのです。

更年期障害ってどんな症状?うつ状態が見られることも

更年期障害で起こる症状は人によって様々です。よくある症状としては、頭痛や肩こり、疲れやすいなどです。のぼせ、ほてり、発汗がおこることもあります。

これらはホットフラッシュと言われており、急に顔が熱く火照ったり、汗がたくさん出て止まらないなどがあります。自律神経の乱れから血管の収縮と拡張の調節がうまくいかなくなるということが原因と思われます。

また、不眠になることもあります。眠りが浅いことや、いつまでも寝付けない、途中で目が覚めるなどいろいろな症状があります。また、うつ状態になったり不安感に襲われるなどの精神的な症状もみられます。

更年期障害って治療できるの?医師としっかり相談を

更年期障害の主な治療はホルモン補充療法です。ホルモン補充療法というのは、閉経に伴い体内で不足してくる女性ホルモン、エストロゲンを補充するものです。内服や貼り薬があります。

エストロゲンが補充されると、自律神経のバランスの乱れが改善され、起こっていた諸症状を和らげることができます。

また、エストロゲンのみの投与が長期間に及ぶと子宮体癌のリスクが高まるといわれているため、同時に黄体ホルモンを投与することもあります。

また、漢方を用いた治療が行われることもあります。どのような治療を選択するのか、医師の説明をしっかり聞いて自分の意見をはっきり伝えられるようにしましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ