情緒不安定で引かれる悲しみ!友達に電話で聞いてもらって更年期対策! 49歳 K.M.さん

40代で急にイライラするようになった人は「更年期障害」を疑いましょう。

もしかしたらそのイライラの原因は体のホルモンにより起こる更年期障害かもしれません。

この更年期の辛さとそれから少しでも良くするための対策法をご紹介します。私はこのようにしています!


更年期になったのは46歳の誕生日辺り

私が更年期障害になったは確か46歳の誕生日辺りだったと思います。

この付近にすごくイライラするときが続いて、家でも仕事場でもイライラが止まらなかったのです。そのときはすぐには気づかなかったけど、今思い返したらこの辺りに更年期になったのだと思います。

誕生日の日も私の誕生日を覚えてくれていない長男にものすごく怒りましたからね。今考えたら自分でもどうしてあんなに怒ったのか不思議になるくらい怒ってました。だからこの辺りに更年期がやってきたのです。

情緒不安定すぎて周りから引かれることが悲しい

更年期障害で嫌な想いをしたのは周りからの目が変わることです。更年期障害になるまでは私は仕事場のまとめ役のような必要な存在でした。

周りから頼る職員たちをまとめているのです。家庭でもいい奥さんだったと思うし、子供たちにもしっかりと接して子育てしていました。でも私は更年期障害になって本当に情緒不安定と言う感じで、急に怒り出すかと思うと急に泣けてきたりして気分が安定しなくなったのです。

このせいで家でも外でも周りの人に引かれて悲しい思いをしました。急に怒ったと思うと急に泣きながら説教する私は相当おかしい人間に見えたでしょう。更年期がここまで精神的に影響を与えるとは思わなかったです。このときの周りからの引いた目に辛い思いを抱いていました。

電話でストレス発散する対策

私が更年期障害を少しでも落ち着かせるためにしていることは「ストレスの発散」です。この方法をいろいろとやってみたけど、私に一番効果的な方法は「人に話す」と言うことでした。

私は小学校から一緒の親友的な友人がいて、その友達に辛くなったら電話して話を聞いてもらっています。電話で話すと顔を合せないので相談事をしやすく、気持ちよく話せるのです。

だからいつも友達にはお世話になっています。電話で悩みや鬱憤を話すのはすごくいいストレス発散になるのです。

もちろん友達がツライときは話を聞く

こっちばっかり言うのはさすがに迷惑だと思うので、私は友達がツライときは逆に話しを聞きます。

この聞き役と話役を交互にしてお互いに助け合っているおかげで、更年期障害が良くなっています。話すことは本当にストレス発散になります。この方法はオススメですよ。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ