更年期障害になりやすい人は?更年期障害の3つの要因と対策

更年期とは、閉経をはさんだ前後10年間のことです。日本人女性の平均閉経年齢は50歳前後なので、おおむね45歳~55歳までの期間です。

10年間ずっと不調が続くのかというとそうではなく、不調の程度も、あらわれる心身の不快症状もさまざまです。軽く済んでしまう人も、生活に支障が出るほど重い人もいます。では、その違いは何でしょう?

更年期障害はだれでもなる?どんな症状が多い?

更年期には、大なり小なり心身の不調があらわれます。これは体の自然な変化で、避けて通ることはできないものです。いわゆる更年期症状とよばれるものですが、個人差が大きいのでむやみに怖がる必要はありません。

更年期症状の原因

初潮が始まる頃から卵巣は女性ホルモンを分泌しはじめ、妊娠・出産に備えます。閉経によって卵巣機能は停止し、女性ホルモンの分泌もなくなります。

卵巣機能は早い人で30代後半、遅い人でも40代前半から低下し始めます。この頃から女性ホルモンの分泌が減り始め、さまざまな不調が起きてきます。

更年期に多い症状

更年期に起きる症状は幅広く、心を含めた全身にあらわれると言っても過言ではありません。その中でも比較的多い症状を体に起きる症状と心の症状にわけて紹介します。

    <更年期の身体的不調>

  • 耳鳴り・めまい
  • のぼせ、ほてり、多汗
  • 肩こり、関節痛、腰痛
    <更年期の精神的不調>

  • 不安感、イライラ、神経過敏
  • うつ気分
  • 不眠

エストロゲンの減少だけじゃない!更年期障害の3大要因

更年期障害の原因は卵巣機能の低下による女性ホルモン(エストロゲン)の減少で、自律神経が乱れです。エストロゲンの減少はすべての女性に起こる現象です。

しかし、更年期の症状が重い人と軽い人がいます。それはエストロゲンの減少以外に環境や性格が影響するからです。更年期障害を引き起こす3大要因について説明します。

更年期障害の主原因はエストロゲンの減少

すべての女性が閉経が近づくとエストロゲンの分泌量が減少しますが、卵巣機能の衰え方や女性ホルモンの低下する具合には個人差があります。また、そういった変化に対する感受性の違いも関係しています。

更年期世代特有の環境

40代後半から50代前半は人生の変動期でもあります。子供の進学や就職での独立や夫の定年が近づいて老後を考えるようになる人も多いです。親の介護問題も重なって環境ストレスが増すことで更年期症状が重くなることがあります。

生まれ持っている性格

更年期の症状が重い人と軽く済む人の違いは、生来持っている性格にも左右されます。

更年期障害が重い人のタイプは?予防法はある?

更年期障害を引き起こす原因はエストロゲンの減少、環境、性格が主な要因ですが、どのような人がなりやすいのか詳しくみていきましょう。

内分泌因子による影響

卵巣機能の低下の度合いやホルモン分泌の低下の起こり方には個人差があります。一般に、ふだんから月経不順だったり、自律神経失調気味の人は症状が重く出ることが多い傾向があります。

社会・環境因子による影響

更年期は夫婦関係や子育てに関する心配、親の介護など人生の中でもさまざまな環境ストレスが増える時期です。老後に対しても健康面と金銭的な不安も現実味を帯びてくる頃です。それらのストレスがエストロゲンの分泌低下に拍車をかけて、自律神経のバランスを崩していくこともあります。

心理・性格因子による影響

ストレスに対する抵抗力も更年期の症状に大きく関係しています。几帳面で完璧主義者な人、神経質、くよくよしがちな人は症状が重くなりがちです。

あなたはどれ?気になる更年期症状には個人差が!

更年期の症状は不調の程度も症状の起こり方も個人差があります。症状の起こり方は大きく4つに分けられます。

体の不調がつらいタイプ

ほてり、多汗、めまい、動悸や関節痛など、身体の痛みや違和感などの自覚症状があらわれるタイプ。

無自覚で病気に発展しているタイプ

高血圧や骨粗しょう症など、ほとんど自覚症状がなく体が変化しているタイプ。更年期以降は病気のリスクが高まるので、注意が必要です。健康診断を定期的に受けるなど、健康管理をしっかりしましょう。

美容面の変化が気になるタイプ

肌の老化、髪の艶がなくなる、肥満など美容面が気になるタイプ。バランスの良い食事、質の良い睡眠、年齢に合ったスキンケアで更年期をイキイキと過ごしましょう。

心のバランスを崩すタイプ

イライラやうつ症状、不安感など精神面が不安定になるタイプ。カッとなったらひとまず深呼吸をしましょう。ストレスはこまめに発散するようにしてガス抜きをしましょう。

気の持ちようでなんとかなる?更年期対策の注意点

更年期に起こる心身の不調は、さまざまな要因が複雑に絡み合っています。「病は気から」「症状が出るのは弱いからだ」と精神論を語る人もいますが、更年期はエストロゲンの急激な減少による自律神経失調症状です。気の持ちようだけで症状が消えるほど簡単なことではないのです。

一般的に更年期の症状が重くなる人のタイプはありますが、それは心の弱さとは関係ありません。元来几帳面な人にズボラになりなさいと言っても性格はそうそう変えられるものではありません。

取り巻く環境ストレスに対する心の持ちようをポジティブにすることや、ストレスを発散することは更年期障害を和らげるためには大切なことですが、無理をしないでペースダウンできる環境を作ることも重要です。

また、更年期外来や閉経外来、女性外来などの診療科が増えています。症状が気になるときは積極的に受診しましょう。

まとめ

更年期はすべての女性に訪れます。卵巣機能が低下し、やがて閉経を迎えます。この時期には女性ホルモンのバランスが不安定になり、月経異常をはじめとしたさまざまな症状が起こります。

症状の起こり方や期間には個人差が大きく、さほど気にならないうちに過ぎてしまったという人もいれば、日常生活に支障が出るほどつらい症状の人もいます。

もともと自律神経の乱れやすい人や、ホルモンバランスの乱れに感受性が強い人、ストレスを受けやすい環境、もって生まれた性格によって更年期障害になりやすい人はいます。

しかし、更年期の症状は複雑な要因が絡み合って起こるので、気の持ちようでなんとかなるものではありません。更年期障害を緩和する治療法はいろいろあるので、無理をしないでつらいときは婦人科を受診しましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ