サプリメントで辛い更年期障害を乗りきりたい人のための注意点

更年期障害は、女性ホルモンの減少による自律神経の乱れが大きな原因であります。

サプリメントで減少した女性ホルモンを補えたり、身体全体のバランスを整えることで、更年期障害を上手に乗り越えて行きたいものです。


イソフラボンは植物性エストロゲン

加齢で卵巣機能が低下してくるど、エストロゲンの分泌が減ってきます。イソフラボンは、エストロゲンと形状が似ているため、植物性エストロゲンと言われています。

更年期に入ると、減少してしまうエストロゲンの代わりになるため、摂取すると、更年期障害を和らげる事ができます。ただしイソフラボンは、摂取しすぎてしまうと逆に身体によくないため、摂取のし過ぎには注意しましょう。

ビタミンB群は、神経細胞の働きを正常に

ビタミンB群は、体内でタンパク質をセロトニンやアドレナリンなどの幸福物質に変える働きがあります。ビタミンBは神経の伝達や神経細胞の働きを正常にする作用があります。

しかしビタミンBが足りないと、神経の伝達がうまくいかず、疲れやすくなります。更年期障害もエストロゲンの減少により自律神経の働きがうまくいかなくなるため、ビタミンBを摂取することで、神経の働きを正常にしてくれる作用があるため、神経の働きが乱れやすい更年期障害に有効なサプリメントです。

ビタミンEはホルモンの調整作用

ビタミンEは、ホルモンを調整する働きがあります。その調整機能により、ホルモンが乱れやすい更年期障害が緩和されます。

また、毛細血管の拡張や冷え、肩凝りの改善効果があるため、のぼせの緩和に役立ちます。しかしビタミンEは、脂溶性ビタミンなので用量を守りましょう。

カルシウムとビタミンDで骨粗しょう症予防

エストロゲンが減ってくると、骨代謝が落ちてしまうため骨粗しょう症になりやすくなります。そのため、骨粗しょう症を予防するためにカルシウムを補う事が重要です。

またカルシウムは、心を落ち着かせる効果があるため、精神的に不安定になりがちな更年期障害には効果的です。カルシウムは、ビタミンDを一緒に摂取することでカルシウムの吸収が促進されます。

更年期障害で、女性ホルモンが低下してくると、悪玉コレステロールが増えてきて高血圧を引き起こしたりします。ですがカルシウムは、高血圧や動脈硬化を防ぐ効果もあるので、摂取しておきたいサプリメントの1つです。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ