若年性更年期障害の症状と6つの改善策は?

更年期障害というと40代後半から50代にかけて女性の方がなる症状だと思われがちですが、近年20代や30代の若い世代が更年期障害のような症状になることが増えてきています。

そもそも更年期障害とは何か?」というと、女性が閉経する40代後半から50代にかけておこると言われ、原因は閉経からくる女性ホルモンの低下です。それにともない、子供が巣立っていき、親の介護が重なるなど環境の変化によるストレスも要因の一つになります。


若年性更年期障害の症状と原因は?

一般的な更年期障害の症状としては、のぼせ、イライラ、頭痛、肩こり、動悸などといったものがあります。

そして若年層でも起こるこれらの症状の原因とは、ストレスや過剰なダイエット、不規則な生活などからくる「卵巣機能の低下から女性ホルモンの低下」と、卵巣機能は低下していないが「ホルモンバランスが乱れ」があります。

今はどこも仕事がハードで休みが少ないところも増え、ストレス社会とも言われるくらいストレスを感じやすい時代です。だからこそ生まれた若年性更年期障害なのかもしれません。

若年性更年期障害の6つの改善策

改善策としては、

  • ストレスをためないこと、ためたとしても発散すること
  • 質のよい睡眠をたっぷりとるよう心がけること
  • 食生活の見直し。ファーストフードやコンビニですませるのではなく、バランスのよい食事をとりいれること
  • タバコやお酒は控えめにすること
  • 適度な運動をすること
  • 無理なダイエットはしないこと

以上です。

まとめ

生活リズムを整え、肩の力を抜いて頑張り過ぎないことが大事ですが、積極的に漢方やサプリで改善することもできます。そして、若年性更年期障害の場合は放置しないことが大切です。ホルモンバランスの乱れやストレスからくる生理不順が結果、不妊の原因になることもあり、また、実際の更年期のときにより重い症状がでることもあります。

ぜひ、症状から思い当たる節がある方はぜひ生活リズムの改善から行う、または実際に生理不順が始まっている方は不妊科に行ってみるなど何か改善に向けての行動をされることをお勧めします。忙しいときほど、自分の体は自分で自己管理することが必要とされます。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ