更年期障害 知っていれば怖くない!症状と対処法

あなたは更年期障害についてどのくらい知っているでしょうか?名前は知っていても何となくでしか知識が無いような方がほとんどかと思います。

また、実際に症状が出ていてもそれが更年期障害だとは気づいてない方も多いのでは無いでしょうか?

実はやっかいな更年期障害。その症状や簡単な対策を知っておくだけでも大分心が楽になると思います。周囲の人間としても適切な対応が出来るという物です。ここで実状について学んで理解しておきましょう。


更年期とはその症状とは

そもそも、「更年期」とは女性ホルモンの分泌が減少する閉経を迎える前後の期間の事を指します。大体40代半ば頃の事を言います。もちろん、更年期自体は個人差がありますが閉経年齢が50歳前後が多い事から上記のような認識となっています。

この時期になるとホルモンバランスが乱れ、それが原因となり身体的・精神的不調に繋がります。これが「更年期障害」、いわゆる自律神経失調症の1つです。

症状としては身体の火照り(ホットフラッシュ)・大量の発汗(スウェッティング)が有名ですが、この他に腰や手脚が冷えやすい・息切れや動機・眠りが浅い・怒りっぽい・憂鬱感・疲労感・頭痛・めまい等…様々な形で現れます。これら更年期障害の原因はホルモンバランスの乱れだけではありません。

子供の自律や両親の介護等、この辺りの年齢は生活のリズムや環境が大きく変化を迎える時期となります。こういった変化から、精神的ストレスや日常の仕事のストレス等が加わり症状を引き起こすと考えられています。

症状の出方個人差の違い

症状の出方には個人差がありますが、重い人と軽い人の違いとは一体何なのでしょうか?婦人科医の見解ではホルモンバランスの影響よりも、本人の性格や外的要因(職場の環境や家庭環境等)が症状の出方に大きく影響を及ぼしていると考えられています。

性格的には元々ネガティブ思考の人の方が症状が出やすいですし、パートナーとの仲や職場の人間関係が上手くいってない人の方が重い症状になりやすいです。うつにも似た症状が出るのが更年期障害です。放っておくと重くなり、寝込んで日常生活に支障をきたしてしまう事もあるので注意が必要です。

更年期障害になったら対処法

更年期障害の原因の1つはホルモンバランスの乱れです。加齢により女性ホルモン女性ホルモンの分泌が減少するので、内側ではなく外側からも同様の成分を摂取する事によって症状を緩和させる事が可能です。

プラセンタ(ほ乳類の胎盤)やイソフラボン等の栄養素はその効果が期待できる成分なので、サプリメント等で取り入れても良いでしょう。漢方で症状に効果のある物を使うのも良いです。

また、ホルモンバランス以外の原因ももちろん取り除く事が大切です。アロマでリラックスしたり、しっかりと休養をとってストレスを解消させるよう心がけましょう。

休養・睡眠・定期的な運動・バランスの良い食事は全て必須事項ですね。様々な症状を引き起こし、不安になってしまう更年期障害ですが、誰もがかかるかもしれない物です。更に言えば、一過性の症状にすぎません。神経質になり過ぎずに、あなたらしく日常生活を送れるように心がけましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ