更年期障害の治療はどのようなものがあるの?状況に合わせた治療が出来ます!

更年期に入ってから、身体のあちらこちらで不調が現れてきます。その症状も現れ方も人により差があり、気にならないほど軽い人もいれば寝込むほどの重症な人もいます

そんな更年期障害、症状がどの程度で病院へ行くべきなのでしょうか?病院では更年期障害の治療はどのような方法があるのでしょうか?

今回は、更年期障害の治療方法について調べてみました。


更年期障害とは?自律神経失調症に似た一連の症状!

40代以降の男女の性ホルモン分泌量の低下が原因で生じる自律神経失調症に似た一連の症状です。男女共に40過ぎに現れる色々な体調不良を含めて更年期障害という。

女性は卵巣ホルモンがキーです

女性は、閉経前後の約10年間で卵巣ホルモンのエストロゲンの分泌が異常な速さで減少する事で生じます。症状の現れ方は、人によって軽い人辛い人の差があります。

更年期障害の特効薬はあるのか?ホルモン補充療法です!

閉経の前後に身体の中から減少した女性ホルモン(エストロゲン)を補充する事で更年期の症状を治療する方法になります。海外でも欧米や北欧を中心に世界の先進国で進められている治療法です。

一時期、乳癌のリスクがあるとの過剰な解釈報告で心配された時もありましたが今現在国際閉経学会等の国際的な専門機関などから出されている判断では「閉経後、はやくから行なわれるホルモン補充治療は、リスクよりもプラスになる事の方が上回っている」という事です。

状態と希望による治療

患者さんの状態により、治療方法を選ぶ事が出来ます。これは薬を飲む事で身体への負担を与えない方法での治療を進める事や、患者さんが子宮を取り除いている時等にはその事を考慮しての治療を進める事です。

エストロゲン単剤

子宮筋腫や子宮内膜症で子宮を手術で切除している患者さんの場合、黄体ホルモンの治療が必要ないのでエストロゲンの単独での治療になります。

エストロゲン黄体ホルモン配合剤

投与方法には、毎月5日から6日間の投薬を休ませる日を設ける「周期的併用投与」方法と毎日投与する「持続的併用投与」方法があります。

「周期的併用投与」は、閉経前の周期パターンに近い治療法です。「持続的併用投与」は、閉経後の患者さんに行う事が多いです。

低用量ピル療法

卵巣から分泌されたエストロゲンとプロゲステロンを合成したものがピルです。低用量と言うのは昔のピルに比べると低用量になるという事でホルモン補充治療よりもホルモンの量が多いので注意が必要です。

効き目穏やかな漢方?副作用が少ない!

ホルモン治療によって改善された部分はあるが、少しまだ気になる事がある時の追加の治療や症状が重症ではない時等に処方されます。

また、ホルモン治療に対して患者さんが抵抗を感じている時等にもあるので、症状や患者さんの状態に応じて処方される時もあります。

症状に合わせて処方

漢方薬は副作用も少ないので、長期的に服用する事が出来ます。更年期障害の時に処方される代表的な漢方薬3つになります。

  • 一つは、当帰芍薬散です。血行を良くして身体を温め貧血症状の改善。痛みを和らげる。ホルモンバランスを整える。色白・冷え性・痩せ型・体力の無い人向きです。
  • 二つ目は、加味逍遥散です。血液の循環を良くして身体を温め、その一方でのぼせなど下半身の熱を冷ます。ホルモンのバランスを整える。イライラや不安感に対応。虚弱で疲れやすいタイプ向きです。
  • 三つ目は、桂枝茯岺丸です。生理不順や生理痛、更年期障害に伴うめまい、肩こり、のぼせ、ホルモンバランスを整える。体格のしっかりした赤ら顔の人向きです。

精神面から症状を良くする?カウンセリング!

更年期障害の治療は、薬物による治療だけではなく原因を考えた、生活習慣への配慮も大きなポイントになります。患者さん一人ひとりにあった適切な方法を一緒に考える事も必要になって来ます。

生活の質に影響があります

40代50代の更年期障害の症状に対して、適切な精神的なケアが60歳、70歳以降の生活の質に大きな影響を与える事が分かって来ています。

更年期は身体に現れる症状について、考えなければいけない時期であると共に老年期の対策を考えるのにとても良い時期でもあります。

病院へ行かないといけないの?症状の状態によります

更年期障害だからと言って、誰でもみんなが病院へ行って治療する必要がある訳ではないのです。症状の出方は人によって差があります。

但し、症状が辛いと感じた時には面倒がらずに早めに病院での受診をお薦めします。

様子を見ましょう

症状が軽い状況でしたら、慌てていかなくても少し様子を見る事にしても大丈夫です。そして、自分で出来る、食事や運動などの必要な対応をしましょう。

まとめ

症状によっては、辛い更年期と感じる方もいらっしゃるかと思いますが少しでも状況を良くする為にも、重く暗くなる気持ちを明るく前向きに持ちましょう。

つらい時は我慢せず、病院で相談をして気持ちよく生活していけるように持っていきましょう。気分転換も必要です、ストレスを溜めないように軽い運動や、友人たちとのおしゃべりも良いでしょう。

友人との食事会等の時に、自分の状況を伝える事もひとつの方法ですよ、他にも同じ事で悩んでいる方がいますよ、自分1人ではない事、知人も共に頑張っていると思えることも大事です。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ