更年期障害の原因は何?それはホルモンバランスの乱れです

更年期障害という病名はよく聞きますが、その原因とは一体どのようなものなのでしょうか?更年期障害を予防するためにもその原因を知ることは重要なことです。そして更年期障害になったという人は女性に多いので女性特有の何かが病気の原因のような感じもします。

更年期障害の原因について気になるので色々と詳しく調べて見ましたので参考にしてみて下さい。

更年期障害とは?主にホットフラッシュ

更年期障害とはそもそもどのようなものなのでしょうか?まずはそこから見ていきましょう。

更年期障害とはどんな病気?

更年期障害とはどのような病気かというと更年期と言われる45歳~55歳の年齢層の時期に生じる自律神経失調症と精神症状が関係しあって起こる不定愁訴の総称のことをさしているのです。

更年期障害の症状は?

更年期障害の症状としては身体的症状としてホットフラッシュが代表的ではありますが、その他にも次のような症状が発症します。

    <更年期障害の症状>

  • 顔の火照りやのぼせ
  • 大量の汗をかく
  • めまい
  • ふらつき
  • 耳鳴
  • 頭痛
  • 冷え
  • むくみ
  • 頻尿、尿もれ
  • 抜け毛、薄毛

更年期障害の原因は?体の変化です

更年期障害の症状が出てしまう原因とは一体なんなのでしょうか?これは症状が女性に出る事が多いことからもうなずける部分が多いのです。しかしそれは更年期を迎えた女性の体の変化に伴うものなのです。

加齢に伴う体の変化とは?

女性の場合は更年期になって起こる体の大きな変化として閉経というものが起こります。このことによって体の機能に大きな変化を伴うことになるのです。

閉経で体に起こることは?

閉経に伴い体に起こる変化とは卵巣の機能が著しく低下し、その為に卵巣から分泌されていた女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が劇的に減少してしまうのです。

エストロゲンが減少すると?

エストロゲンが減少した女性の体では今までバランスを保っていたホルモンバランスが崩れ、脳の視床下部にある自律神経中枢に影響を及ぼす事になるのです。その為に自律神経に乱れが生じ様々な更年期障害の症状が発症してしまうのです。

症状の出方が違う?習慣と性格で違いが出ます

更年期障害は体の変化に伴い発症する病気なのですが、実は更年期障害になりやすい人となりにくい人がいるようです。

なりやすい人とは?

更年期障害になりやすい人の特徴は、普段から疲れやすかったり、ストレスから心労を受けやすいような環境にいる人、家庭内で常に問題を抱えていて悩みが尽きないような人がなりやすいと言えます。

また食生活が乱れていて栄養が偏っていたり、睡眠習慣が乱れている人もなりやすく、性格的には真面目で神経質、くよくよと小さな事でも気にするような人は症状が出やすいのです。

なりにくい人は?

反面更年期障害になりにくいと言われる人の特徴は健康管理や食生活の管理もできている人などは出にくいと言えます。更には運動習慣があり、適度な筋肉体質改善でストレス発散、気分転換の上手な人はなりにくいと言えます。

性格的には前向きであり普段からくよくよと悩まない人は大丈夫なのです。

どうすればいいの?ストレスを受け流す

更年期障害にならない為、なりにくくする為にはどうすればいいのでしょうか?これは実はとても難しいことではあるのですが、次のような事を心がける事は大事な事なのです。

1番大事なことは?

更年期障害の症状を少しでも出にくく、出ても少なくしていく為に重要な事は日々の生活の中においてストレスを溜めない工夫をする事なのです。

日々の生活でストレスに直面しないという事は殆ど考えられないのでストレスに対峙しても、思い詰める事無くサラッと流せるような余裕を持てるようになる事が必要な事なのです。

更年期障害を軽減するには?栄養素の補給

更年期障害は残念ながら体の変化に伴う病気の為、中々避けられないものなのですが、原因に対応するようにしていく事で症状の軽減を図る事は可能なのです。

原因に対応するには?

更年期障害の原因は女性ホルモンであるエストロゲンの不足がそもそもの原因なのです。という事はエストロゲンを補給、またはそれに類似した栄養素を補給するということが対応となるのです。

エストロゲンに似た栄養素とは?

エストロゲンと同様の働きをしてくれる栄養素の一つに大豆イソフラボンというものがあるのです。これは大豆製品である豆腐や納豆などからも吸収する事が可能なので意識して食べる事で結果は必然的に変わってくるのです。

まとめ

更年期障害とは更年期と言われる45歳から55歳を迎える女性特有の病気と言われ体の変化の一つである閉経というものに起因して起こる卵巣機能低下から女性ホルモンであるエストロゲンの減少が著しくなりホルモンバランスを崩して発症する病気なのです。

そしてその症状は個々によって違いがあり、その要因は食生活や睡眠習慣の良し悪しや性格的に神経質か楽天的か、ストレスに対して強いか弱いかによって症状の出方にも違いがあるのです。

症状を崩して軽減する為にできる事はストレスに対して受け流す事が出来るようになる工夫と食生活でエストロゲンの代わりとなる大豆イソフラボンを意識して取るようにする事で少しずつではありますが、改善が図れるはずなのです。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ