更年期障害とは?更年期のイライラにはエストロゲンが関係していた!

更年期障害という言葉をご存知ですか?

ここでは更年期に多くの方が経験する体の変化についてご説明したいと思います。


更年期とは?

更年期とは一般的に45~55歳頃を示しています。更年期である45~55歳頃は女性であれば閉経を迎えるなど、性成熟期から生殖不能期への移行期にあたります。

更年期に起こる身体の変化

更年期障害の症状として、気が付くといつもイライラしている、暑くないのに汗が出る、手足がいつも冷たい、関節が常に痛い、眠れない、めまいがする、疲れやすくなった、動悸がするなどのさまざまな症状が知られています。

更年期障害の原因となるホルモンバランスの変化

更年期障害と深い関係があるホルモンのひとつとして、エストロゲンというホルモンが知られています。エストロゲンとは女性ホルモンの一種で、月経を起こしたり妊娠しやすい体を作ることに関係しているホルモンです。

エストロゲンが女性の身体の中で機能していることによって、健康的で女性らしい体つきを維持することができます。更年期や月経前の女性は、エストロゲンの減少が原因で精神的に不安定になることが知られています。

脳の視床下部にある下垂体と呼ばれる部分がエストロゲンの分泌をコントロールしているのですが、更年期の中ではいくら下垂体がエストロゲンを分泌するように信号を出しても、卵巣機能の衰えによってエストロゲンが出にくくなっています。

そのため下垂体はさらにエストロゲンの分泌を促すように信号を出ししますが、エストロゲンの分泌がされにくい状態のため、脳が混乱をきたします。

視床下部は身体の様々な機能を調整する自律神経調整しているため、自律神経にも脳の混乱が伝わり、上述のような更年期特有の様々な不調が起きてしまうといわれています。

イライラの解消法

朝起きたらすぐにカーテンを開けて、朝日を浴びましょう

朝日を浴びることで分泌が活発になることが知られているセロトニンという物質は、イライラを沈めてくれる効果があることが知られています。

アロマの香りで癒されましょう

ラベンダーなどのアロマの香りはイライラした感情を落ち着かせてくれる効果があります。少量のアロマオイルをハンカチなどに付けて持ち歩けば、外出先でイライラが収まらなくなった時にもアロマの香りで心を落ち着かせることが出来ます。

イライラが止められないときも自分を責めないで

更年期という言葉を知り、イライラする原因が更年期特有の症状だとわかってもイライラが止められない。イライラする自分が嫌で仕方がない。イライラしすぎて涙が止まらない。

そのような感情で心の中が埋め尽くされそうになった時には、一度深呼吸をしてみましょう。決して自分を責めないでください。誰もが更年期という時期を迎えます。更年期である45~55歳という年齢は身体の変化だけではなく、環境が大きく変化する方が多い時期です。

大切な人との死別や、それまで一生懸命育ててきた子供達の独立、もう少しで訪れる夫の定年、家族の介護など、自分では気が付かないうちに様々なストレスを抱え込んでいる方が多い年齢です。

まずは毎日一生懸命生きていることを誇りに思いましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ