40代だけじゃない!30代からでも現れる若年性更年期の症状とは?

更年期障害と聞くと、40代前半~後半にかけて始まるイメージがありませんか?

実は最近、早い人であれば20代後半~30代前半くらいから、「若年性更年期障害」と呼ばれる症状で悩む人が増えているのです。30代の更年期障害とはどのようなものなのか、お伝えしていきます。


そもそも更年期障害とはどのような症状のことを指すの?

更年期障害とは、女性ホルモンのバランスが崩れる40代前半に様々な症状が現れてくる障害のことを指しています。代表的な症状には、ほてりやのぼせなどホットフラッシュと呼ばれるものや、気分の不安定さなどが挙げられています。

女性ホルモンが低下する更年期に特有の症状だと思われていましたが、最近30代などの若い世代でもこれらの症状で悩んでいる人が増えているとのことです。

30代なのに更年期障害の症状が出てしまうとはいったいどういう事?

更年期を迎える前に現れる、更年期障害に似たような症状を呈する人たちを「若年性更年期障害」と言います。更年期障害は女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌が低下することで生じる症状です。

更年期は年齢的に女性ホルモンが低下する時期であるのに対して、30代はエストロゲンが十分に分泌されています。しかし、何らかの原因で女性ホルモンが乱れてしまうと、若くしても更年期障害の症状を呈してしまうことがあるのです。

その理由にはどのようなものが考えられるのでしょうか?

ストレスが大きい

ホルモンはストレスから影響を受けます。そのため、過度なストレスを受けることで女性ホルモンの量が減ってしまって、更年期障害のような症状が現れてしまうのです。30代の女性は、結婚や出産等人生の転機を迎えることが多く、様々なストレスにさらわれる可能性が高くなっています。

無理なダイエットをしている

無理なダイエットも、精神的にも肉体的にもストレスとなる可能性が高い要因の一つです。また、過剰なダイエットをすると女性の場合は生理が止まることもあります。

これは十分な栄養が体に届いていないことが原因です。当然エストロゲンも減少してしまい、更年期障害の症状が現れやすくなります。

ヘビースモーカーである

煙草は体にとってはストレスの原因となります。また、煙草を吸うことで女性ホルモンの代謝や卵巣の機能を低下させる原因にもなります。エストロゲンを分泌している卵巣の機能が十分働かないと、当然女性ホルモンは低下していきます。

慢性的な睡眠不足を抱えている

睡眠時には様々なホルモンが分泌しており、体を整えてくれたり、修復してくれたりする働きをしています。そのため、良質な睡眠を確保することは、ホルモンの機能を整える際に重要な役割を果たしているのです。一方で睡眠不足はホルモンの分泌を抑制してしまいます。

食生活が乱れている

食生活の乱れはストレスの要因にもなり、ホルモンのバランスに直接大きな影響を与えています。ホルモンバランスを整えるためには、大豆食品、マグロやカツオなどの魚類、アーモンドなどのナッツ類を意識して摂取するようにしていきましょう。

違いはあるの?更年期障害と若年性更年期障害の症状の違いとは?

若年性更年期障害の症状は、基本的には更年期障害の症状と同じ特徴を持っています。しかし、若年性更年期障害は更年期障害と比較すると、「症状が重い」、「発症期間が長い」、「ホットフラッシュなど更年期障害の主症状の発症頻度が高い」という3つの特徴があります。

これは、女性ホルモンの分泌が乱れる時期が長いために生じています。

子供を産むことが出来なくなる?若年性更年期障害と閉経の関係は?

若年性更年期障害と言うことが判明したら早めの対策をお勧めします。実は、若年性更年期障害を罹患すると、閉経が早まってしまう可能性があるのです。

若年性更年期障害の症状が出る前に閉経している場合

早期閉経の場合更年期を迎える前に閉経してしまっている場合も考えられます。早期閉経後女性ホルモンバランスが乱れて若年性更年期障害の症状を呈してしまっているのです。

若年性更年期障害の症状が出てから早期閉経してしまう場合

また、若年性更年期障害の症状が出現してから、更年期を待たずに閉経してしまう場合もあります。これも女性ホルモンの乱れが原因になっています。

若年性更年期障害の症状が出たのちに、月経も症状も回復する場合

場合によっては一時的に若年性更年期障害の症状が現れただけで、症状が回復する場合もあります。

3つのパターンを併せると、20代~30代の女性の1%~5%の女性が若年性更年期障害になりやすく、不妊症に繋がってしまう可能性が高く、早めの対策が必要です。若年性更年期障害の症状が疑われるような時は、早めに婦人科を受診していきましょう。

若年性更年期障害を予防しよう!若年性更年期障害を防ぐ対策とは?

若年性更年期障害は毎日の生活習慣を工夫することで予防することが出来ます。先ずは生活習慣を見直してみましょう。規則正しい生活を送り、十分な睡眠時間を確保することは出来ていますか?

次に食生活を見直してみましょう。バランスの良い食事はホルモンバランスを改善するだけではなく、色々な健康面でプラスに働いてくれます。そして、過度なストレスが溜まっていないか、ストレス発散は十分に出来ているのかを考えてみましょう。ちょっとした工夫で、若年性更年期障害を予防することが出来ます。

まとめ:若年性更年期障害にならないために今の生活を大切にしていこう

若年性更年期障害は誰しもがなる可能性がある症状です。そして近年、この症状で悩む人が増えています。その大きな理由は「ストレス」です。ストレス社会と言われている現在で、出来るだけストレスが少ない生活を送れるように、毎日の生活にちょっとした工夫を取り入れていきましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ