どうして更年期に倦怠感が生じるの?その原因と倦怠感を改善する方法を探る!

更年期障害とは、ホルモンバランスが乱れることで生じる症状の1つです。女性が閉経する年齢は平均して50歳前後ですが、そのタイミングを前後した40代後半~50代前半の時期は女性ホルモンが大きく乱れます。

ホルモンの乱れは女性の自律神経に大きく作用し、様々な症状を体にもたらしますが、代表的な症状の一つに「倦怠感」があります。今回の記事では更年期障害の倦怠感を解明し、その症状や原因、そして解消方法について紹介します。


一体どのような症状が出現するの?更年期障害の症状である倦怠感とは?

更年期障害でよく見られると言われる「倦怠感」は、一体どのような状態を指すのでしょうか?その症状について詳しくみていきます。

倦怠感:全身のだるさ

一番の症状は、全身に上手く力を入れることが出来ず、体を起こすことが難しいという状態です。手足に力が入らないので思うように体を動かすことが出来ません。中には長い時間横になっていないと動くことが出来ない人もいます。

倦怠感:睡眠不足のような感覚

しっかり眠ったはずなのに体がだるくて重い。睡眠不足の時のように、頭を重く感じたり、痛みを感じる人もいます。十分睡眠をとってもその疲れは抜けません。

倦怠感:精神症状

体に思うように力が入らず、全体的にぼんやりすることが増えてしまいます。頭がうまく回らなくて考えることが出来ません。やる気も徐々に低下し、色々なことに対する意欲も低下していきます。

どんなことが原因として考えられるの?更年期に倦怠感が生じる理由その1

更年期障害に倦怠感が生じるのは、倦怠感を司っている「自律神経」が原因です。更年期は女性ホルモンのバランスが乱れるのですが、女性ホルモンは脳の視床下部が支配しています。そして、脳の視床下部は同じように自律神経も支配しているのです。

ホルモンバランスの乱れと倦怠感

女性ホルモンバランスが崩れると、脳の視床下部のコントロールも上手く行かなくなり、その結果自律神経にも影響を及ぼしてしまいます。女性ホルモンのバランスも崩れ、自律神経のバランスも崩れると、体のシステムがうまく働いていないことになります。

そうなると脳や体が「元の状態に戻そう」と働くことになります。頭の中や体の中で色々な機能が働いているために、何もしていなくても疲れが生じたり、他のことを考えることが出来ないくらい頭がぼんやりしてしまうのです。そしてこれが倦怠感へと繋がっています。

原因は一つだけじゃなかった!更年期に倦怠感が強くなる原因その2

代謝とは、外から取り入れられたエネルギーを体の中で使うことが出来る「糖」に変換する働きのことを指しています。代謝は筋肉でも行われており、筋力が低下することで代謝機能も低下していきます。

すると、外から取り入れるエネルギーを糖に変換することが出来ず、体を動かす十分なエネルギーを作ることが出来ません。その結果倦怠感の発生につながります。

エネルギー不足が倦怠感の原因に

エネルギーが十分に作ることが出来ないとは、ガソリンが常に少ない状態で無理やり走っている車のような状態です。走れないことはないのですが、力は弱いしスピードも出ない。代謝が落ちる更年期はどうしてもそのような状態に陥ってしまうため、倦怠感が残ってしまうのです。

倦怠感を解消したい!更年期障害の倦怠感を解消する方法とは?

ホルモンバランスの乱れや、年齢的な体の変化など、更年期の倦怠感は避けては通れない症状のように思えるかもしれませんが、ホルモンバランスを整えること、代謝をアップすることで症状を緩和することが出来ます。

規則正しい生活が大切!ホルモンバランスを整えて倦怠感を解消しよう

ホルモンバランスは、毎日の生活、食事、睡眠、ストレスなどから影響を受けます。そのため、毎日の生活の中で出来る工夫がたくさんあります。先ずは生活を見直してみましょう。そして生活のリズムや睡眠リズム、食事の内容などを見直してみましょう。

良質な睡眠を確保する

睡眠は自律神経に影響されています。睡眠時は副交感神経が優位になり、交感神経を休めてくれる働きがあります。また、睡眠には脳や体を休める働きがあり、ホルモンバランスを正常化するうえでもとても大切な役割を果たしています。

食生活を整える

倦怠感が強くなると食欲がわかなくなり、十分な食事量を摂取することが出来なくなる場合もあります。しかし、ホルモンバランスを整えるためにはしっかりと栄養を確保することが大切です。バランスの良い食事を積極的に取り入れるようにしていきましょう。

代謝をアップすることで、倦怠感を解消することが出来るかも?

また、代謝が低くなることで倦怠感も強くなります。代謝をアップするため大切なことは運動です。特に、有酸素運動は代謝の改善に効果が高い運動となっています。1日20分を目安にしながら、ジョギングやウォーキング等無理のない範囲で取り組むことが出来る運動を取り入れてみましょう。

ストレスの解消にもなる

有酸素運動はストレスを解消する際にも役に立ちます。ストレスもホルモンバランスを崩してしまう要因の一つです。軽い運動を取り入れて、ストレスの少ない生活を送るようにしていきましょう。

まとめ:更年期障害に見られる倦怠感は、焦らずゆっくり改善していくことが大切!

倦怠感の原因となるホルモンバランスの乱れや代謝の低下は1日2日で改善することが出来るようなものではありません。長い目で見てコツコツと取り組み、倦怠感の改善を目指していきましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ