辛い更年期障害を乗り越える方法は?対策次第で症状を軽くできます!

女性ホルモンの分泌が大幅に減少する閉経前後。

そんな更年期の時期に現れる、ほてりや手汗、動悸などの身体的な症状や、イライラ、うつなどの精神的な症状も、対策次第で緩和することもできます。

辛い更年期障害をなるべく楽にする方法をいくつか挙げてみました。


毎日の食生活から見直してみる

女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が低下した時に、積極的に摂取したいのが大豆に含まれるイソフラボンです。納豆や豆腐、豆乳など、イソフラボンが含まれている食品を毎日の食事に取り入れることで、不足しているエストロゲンの働きを補うことができます。

また、カルシウム不足になると骨粗鬆症も心配になりますし、イライラしやすくなります。小魚、ひじき、小松菜などカルシウムが豊富な食品を意識的に摂るようにしましょう。

更年期障害の緩和のためだけではなく、健康のためにも栄養バランスのとれた食事を心がけることがとても大事です。

サプリメントでも症状を緩和することができます

更年期サプリと呼ばれるサプリメントには、更年期の症状を緩和してくれる成分が入っています。

プラセンタ、マカ、大豆イソフラボン、高麗人参、エクオール、ローヤルゼリーなど、ホルモンバランスの調整の他にも、疲労回復や美容効果もあります。自分の症状に合うサプリメントを選ぶのはもちろん、飲みやすく、飲み続けられる価格かどうかも選ぶポイントになります。

サプリメントは店頭や通販で手軽に買うこともできますし、薬のように副作用がないのも安心できますね。

エストロゲンを増やすためにできること

いくつになっても、ときめくことは大事です。ときめいたり笑ったりすることで、エストロゲンは分泌されるのです。

思春期の頃のように誰かに片思いをしたり、映画やドラマの主人公に恋をして心をドキドキさせると、それだけで楽しくなります。楽しくなれば、自然に笑顔になれますよね。また、没頭できる趣味をみつけて、自分が更年期障害だということを忘れるくらい打ち込むのもいいでしょう。

楽しく過ごせる時間が大事です。家事や育児、介護などで大変な時期ではありますが、たまには頑張っている自分にご褒美をあげましょう。

病院に受診することも考えましょう

症状があまりにもひどい時には、無理をせずに病院を受診することも考えましょう。更年期だと思っていても、他の病気である可能性もあります。医師に相談して診察を受けることで、自分も安心感を得られます。

処方してもらった薬で症状を抑えることもできます。何よりも、自分ひとりで抱え込まないことが大事です。症状が重くなる前に、正しい治療で更年期を乗り切りましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ