いつからなるの?意外に多い若い世代の更年期障害に気を付けて!

更年期障害は主に女性に起きる様々な症状をまとめたものを言い、年齢としては40代から50代に多くみられます。

しかしながら更年期障害は実際にいつからみられるかというと、小さな症状を含めれば30代はおろか、20代でもみられることがあります。


意外?!更年期障害は若くてもみられます!

更年期障害は、動悸や冷や汗、頭痛などの身体的な症状からうつ状態やイライラ感などの精神的な症状まで数多くの症状があります。

主な原因としては女性ホルモンのバランスが崩れることです。しかし同じ年代の女性でも更年期障害の症状が全くといっていいほど出ない人から、症状がひどくて日常生活を送るのも困難だという人もいます。

女性ホルモンのバランスが崩れやすいのは加齢によるものが大きく、40代から50代の閉経期を迎える頃に更年期障害も起きやすいのですが、実際には30代、もしくは20代の女性でも更年期障害の症状がみられる人もいます。

聞いてびっくり!若い人の更年期障害の原因とは?

更年期障害の原因は、女性ホルモンのバランスの崩れが主です。20代から30代は出産適齢期でもあり、女性ホルモンのバランスが比較的安定しているのですが、さまざまなことが原因でそのバランスが崩れることがあり、うまく戻らなければ更年期障害の症状を引き起こすことがあります。

若い女性ではダイエットに取り組む人が多く、極端に痩せている人も多いです。そうなると女性ホルモンのバランスは崩れ、月経周期が乱れたり無月経になったりもします。そして同時に更年期障害の症状がみられるようになるのです。

また、女性の社会進出などで女性の負担が増え、仕事に育児に家事に頑張る女性が多くいます。そのため疲れやストレスがたまり、女性ホルモンのバランスも崩れて更年期障害の症状が出やすいです。

更年期障害はいつから?若いからこそ気を付けて!

更年期障害は40代や50代の女性にみられるのは、加齢に伴うものなのである程度仕方のないものなのですが、20代30代の女性がなるとまた事情が違います。更年期障害の症状があれば、身体的にも精神的にも辛い症状が出るだけでなく、いざ妊娠して子どもが欲しいと思っても女性ホルモンのバランスが崩れているためにうまく妊娠できないこともあるのです。

更年期障害はいつからなるの?という疑問はあると思いますが、状況によっては若くてもなる可能性は十分にあるということを知っておくべきです。

そして若い女性が少しでも更年期障害の症状が見られたら、産婦人科などの専門医を受診して女性ホルモンのバランスを安定させるべきだと思います。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ