更年期障害を軽くするためには?運動習慣とイソフラボン!

更年期障害はホットフラッシュを初めとしてほてりや発汗など辛い症状が長期に渡って継続します。少しでも更年期障害の症状を軽くするにはどのような方法があるのでしょうか。

更年期障害の症状はホルモンバランスの乱れから起きるので軽くするにはホルモンバランスを整える事が大事なのです。更年期障害の症状を軽くするにはどのような方法があるのか見ていきましょう。

病院で一般的な治療は?ホルモン療法

更年期障害の症状を軽くしてくれる対策として有効な方法の一つがホルモン療法で別名HRTとも言います。

ホルモン療法とは?

ホルモン療法とは更年期障害の原因である減少したエストロゲンを補充するという医学的な治療方法なのです。健康保険の適用範囲でもあることから更年期障害の根本治療の方法として期待されています。

ホルモン療法の効果は?

ホルモン療法を行う事で症状が軽くなるものは次のような症状です。

    <ホルモン療法が効く症状>

  • ホットフラッシュ、のぼせ、ほてり
  • 発汗等の血管運動系症状の改善
  • 自律神経系の不調改善
  • 骨粗しょう症予防と改善
  • 萎縮性膣炎や性交痛の改善

ホルモン療法には、その他にも期待できる効果があり悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす事で脂質異常を改善したり、不眠症の改善、コラーゲンの増加による肌の改善効果もあるのです。

不定愁訴の治療には?漢方薬が得意

更年期障害の症状を軽減するためには、古くはその時期にも起こっていた不定愁訴に対しては漢方薬が持ちいられていました。その事から現在においても更年期障害の症状を軽くするには最善の策の一つとして漢方薬が処方されています。

漢方とは?

そもそも漢方とは気、血、水から不調を探るという独特の考え方を持っていてこれらを改善する為に生薬を混ぜ合わせ処方されるのです。更年期障害については気や血の不調から来ていると捕らえられているのです。

更年期障害に効く漢方薬

漢方薬は、その対象となる人の体質や体格などを考慮して処方されるため、ピタッと合えば症状が改善されますが、合わない場合には中々症状が改善しない事も有ります。

    <更年期障害に有効な漢方薬>

  • 加味逍遙散
  • 温経湯
  • 五積散
  • 桂枝茯苓丸
  • 温清飲
  • 当帰芍薬散

ストレスの軽減?上手に付き合うこと

更年期障害とストレスは非常に密接した関係にあります。更年期障害の症状を軽くするためにはストレスのコントロールが重要なのです。

ストレスと関わる脳内物質

更年期障害の現れる時期にストレスと関係のある脳内物質が3つあり、三大神経伝達物質となります。この3つの物質のバランスがストレスややる気に大きく影響を及ぼすのです。

    <三大神経伝達物質>

  • 幸せホルモンのセロトニン
  • 怒りホルモンのノルアドレナリン
  • 快楽ホルモンのドーパミン

ストレスと上手に付き合うためには、この3つのホルモンがどの状態にいるのかを認識することが大事です。その上でストレスを受け流したり、発散できるようになる事でコントロールをしていく必要があるのです。

軽減効果が期待できるのは?運動習慣

更年期障害の症状を軽くする効果が期待できるものとして非常に期待が持てるのが運動習慣です。運動をするだけで自律神経のバランスを整えたり、ストレスの解消ができたり、また睡眠に対する効果も高まります。

お勧めの運動習慣は?

更年期障害の対策としてお勧めの運動習慣は、まずは誰もが知っているラジオ体操です。ラジオ体操は簡単に始められる割には全身を使った運動を外でやれば日差しも浴びるのでセロトニンの分泌にも貢献します。

そのほかにはストレッチやヨガなども取り入れる事で血流改善などが図れるので非常にお勧めです。

1番簡単なのは?

更年期障害の対策として1番簡単な運動習慣は何と言ってもウォーキングです。これなら難しいルールなどもなく、とても簡単に始める事ができます。毎日続けるのが理想ですが、最初からは無理せず徐々に増やして行けば簡単に習慣とする事ができるのです。

更年期障害軽減の栄養素?イソフラボン

更年期障害の原因に女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少するという事があるのですが、ホルモン療法で解消する他に食品やサプリメントで補う方法もあるのです。

イソフラボン?

更年期障害の原因であるエストロゲンと似た構造を持つものがイソフラボンという栄養素なのです。この栄養素を摂取する事で減少しているエストロゲンの代わりの働きをしてくれるので更年期障害の症状軽減に効果があるのです。

イソフラボンを含む食べ物は?

イソフラボンを含む食べ物は実は非常に身近な食べ物で大豆に含まれているのです。大豆食品には豆腐や納豆、豆乳、油揚げ、大豆の水煮などがありますので積極的に摂るようにする事をお勧めします。

まとめ

更年期障害は非常に辛い症状を伴うのでできれば軽くする方法があれば試したいはずです。何もしなくても症状が重くならない人もいますが、通常は3年~5年ほど症状の辛い時期を過ごすことになるのです。

更年期障害の症状を軽くする方法は、そもそもの原因であるエストロゲンという女性ホルモンの減少を補う形でのホルモン療法といった治療が考えられますが、日常生活においてもストレスのコントロール、運動習慣といった努力も必要なのです。さらに漢方やイソフラボンサプリメントなどで改善を図っていく方法もあるのです。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ