更年期っていつのこと?更年期障害になる年齢とは?

更年期ときいて皆さんはどんな年代をイメージしますか?育児もひと段落かと思ったら、今度は親の介護が必要に…思春期の子供の言動に悩まされたり、夫との仲がマンネリになったり…

おそらくそんな「ちょっと疲れたお母さん」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?これはおおむね当たっています。

今回は更年期障害と年齢についてまとめました。更年期と呼ばれる年齢はどれくらいなのか?その中でも更年期障害が顕著に現れる時期はいつか?更年期にあたる年齢でなくとも更年期のような症状が出る若年性更年期についてなど。

更年期障害と年齢について様々な角度から紹介します。

更年期とは?更年期にあたる年齢はいつごろ?

更年期にあたる年齢

更年期とは閉経の前後10年間のことを言います。現代日本女性が閉経をむかえる平均年齢は約50歳です。つまり45歳ごろから55歳ごろまでを更年期と呼ぶことになります。また、更年期に現れる様々な不快な症状を更年期障害と呼んでいます。

時期には個人差がある

生理周期や初潮の年齢に個人差があるように、閉経の時期も人によって異なります。ですから更年期も一般的な目安にすぎず、個人によって時期にズレがあるのです。

更年期障害はどうして起こるの?女性ホルモンとの関係とは?

卵巣機能の衰えが更年期の始まり

一般的にいて40代になると卵巣機能が衰え始めます。自然妊娠しにくくなったり、障害を持った子供が産まれやすくなったりなどもその例です。これはもはや自然の摂理ですから、根本的に抗うことはできません。

卵巣機能が衰えるとエストロゲンが不足する

卵巣からはエストロゲンという女性ホルモンが分泌されています。卵巣の機能が低下してくると、当然エストロゲンの分泌量が減少してきます。エストロゲンは様々な働きを持っていますが、分泌が不足することを起因として心身に不快な症状が現れることを更年期障害と呼ぶのです。

あいまいな初期症状!更年期障害の症状が現れやすい年齢とは?

何だか調子が悪いと感じるのが更年期の初期

エストロゲンの分泌量は徐々に減少していきます。不足する量に比例して症状が強くなっていきますから、初期においては「なんだかだるい・調子が悪い」といった原因のはっきりしないあいまいな症状が少しずつ現れるようになってきます。

症状の種類や強さは日によって変わったり、まったく無症状で過ごせるときもあったりします。このような明確な原因もわからず症状もころころ変わることを不定愁訴といいます。

更年期の症状が現れやすい年齢

更年期と呼ばれる期間は10年間あります。ですがそのすべての期間で症状が出続ける人はまれです。一般的にはおよそ5年間が症状を自覚できる期間です。中でも日常生活に支障をきたすようなピーク時は2~3年程度であるケースがほとんどです。

年齢でいうと47歳ごろから53歳ごろが症状が現れやすい年齢といえます。また、閉経の前後2~3年間が症状のピークですから、辛いのは48歳ごろから51歳ごろまでの方が多いと考えることができます。

個人差が大きい!更年期障害の時期や症状!

更年期障害には女性ホルモンであるエストロゲンが深く関係しています。そしてホルモンの分泌というのは非常に個人差があるのです。そのため、更年期障害の症状が現れる年齢や症状も人によって様々となります。

更年期障害の辛さには症状自体の苦しさもありますが、個人差によって周囲になかなか理解されにくいという点もあるのです。

更年期障害の代表的な症状

更年期障害ではこのような症状が見られます。

  • イライラ
  • 憂うつ
  • やる気が出ない
  • 不安感が強くなる
  • のぼせ
  • 手足の冷え
  • 微熱
  • だるさ
  • 眠気・不眠
  • 多汗
  • めまい
  • 動悸

理解してもらえないストレスが悪化を招く

理解してもらえないという精神的なストレスはますますホルモン分泌に乱れを与えることになります。するとさらに症状が悪化していくという魔のスパイラルに陥ってしまう方も決して少なくないのです。

見た目が若いから大丈夫?外見年齢と更年期障害の関係は?

外見年齢と体内年齢

アンチエイジングや美魔女という言葉を耳にする機会が増えました。それだけ外見的には若さを保っている女性が増えたということができます。それでは、外見と体内の年齢はイコールの関係にあると言えるのでしょうか?

外見年齢と体内年齢は無関係

非常に残念なことですが、見た目の若さと体内の若さは全く関係がありません。外見がいくら若く見えても体の機能は確実に年とともに衰えていきます。また、実際に年齢が若くても体内は実年齢以上に老化が進んでいるケースもあるのです。

若くてもなることも!若年性更年期とは?

実年齢が若くても、ストレスや不規則な生活などによって卵巣の機能が衰えている人も存在します。更年期と呼ばれる年齢にはなっていなくても、更年期の症状が現れることがあるのです。20代後半~30代で更年期障害が現れる人を若年性更年期と呼びます。

これは一般的な更年期障害とは違います。若年性更年期とは卵巣機能低下症という疾患であり、婦人科での治療を要するのです。

もし、更年期と呼ばれる年代にはまだ早いのに更年期障害のような症状を感じた場合、早いうちに婦人科への受診を検討されてください。

更年期は40代半ば~50代半ば!でも若くてもなることもある!

年齢にして40代半ばごろから50代半ばごろまでが更年期と呼ばれています。この期間は閉経があり、女性としての機能に大きな変化が起こる時期です。

ですがこの年齢でなくても更年期の症状がみられることもあるのです。実年齢や見た目年齢と体内年齢は関係がありません。体の中の若さにも着目してみてください。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ