更年期障害不安感症状の正しい知識と有効的な対処方法とは!?

2zo18wrwc更年期障害の症状の一つに強い不安感を感じる症状があります。

この症状は放置しておくと”うつ病”などの精神疾患まで悪化するリスクがあります。

不安感を感じてしまう原因とどのような予防法があるのかを紹介していこうと思います。


更年期障害の症状~不安感の原因って一体何!

不安感などの精神異常については実は閉経した40代~50代の女性の約40%に症状が現れていると言われています。同時にうつ病まで発症してしまう確率も非常に高いです。

その原因は、閉経によるホルモンバランスの乱れにより自律神経のコントロールが効かなくなった事で感情を抑制する事が出来なくなる事が始りで、年代的な家庭環境の変化、社会環境の変化が同時に起こる為に症状が発症すると言われています。

また、重ねて子供の自立による別居、肉親の死別、老後不安、介護疲労、肉体の劣化、容姿の老化などこの年代に起こる様々な自分の変化、環境の変化が強い不安感を産む原因と考えられています。

更年期障害による不安感の症状例は!

不安感、孤独感の一例として・落ち込みやすい・涙もろくなる・気分が上がらない・何をしていても楽しくない・自分は孤独だと思い込むなど、精神的に沈んでしまう傾向が2週間以上続いてしまっている場合は更年期障害の不安感症や更年期うつ障害を引き起こしている可能性が高いです。自分の殻に閉じこもる傾向があります。

更年期障害の不安感症状はどんな人に起こりやすい!

更年期障害の不安感症状を起こしやすいタイプの人は努力家、真面目、精神的に弱い人、過去に精神疾患を患った経験がある人。几帳面な人。

などが多いです。性格的な分類として0か100かの極端な考え方の人に多いとされています。その理由は、気分の変動が起こってしまった時に自分の考え方が凝り固まってしまう傾向があり、落ち込み始めた時に自分自身でブレーキをかける事が出来ないタイプが多いそうです。

更年期障害による体調不良や精神不良も含めて自分を追い込んでしまうのでしょう。

更年期障害の不安感は収める事が出来る!

不安感や精神的に感情の抑制が効かなくなるのは神経伝達物質の一つであるセロトニンを補う事が出来れば改善に向かいやすいと言われています。

セロトニンの役割は神経を高ぶらせるドーパミンやノルアドレナリンなどを抑制する事により精神を安定させる役割を持っています。そのセロトニンを増やす事が出来るものとしてチーズや、牛乳、アーモンドなどにはセロトニンを作り出す必須アミノ酸であるトリプトファンという成分が多く含まれています。

またセロトニンを多く含むサプリメントも栄養素を補う面で考えると有効です。更年期障害の症状の中でも精神疾患症状は自分一人ではどうしようも無い事が多く、家族や回りの人達のサポートが多少なりとも必要になります。

辛い時には回りに頼るという事も必要な事を知る事が重要です。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ