40代の生理不順は閉経のサイン?更年期障害で生理が乱れる理由

今まで定期的にきていた生理(月経)が40代になって不規則になってきたり、経血量が増えたまたは減ったといった生理不順が起きると、たいていの女性は更年期障害を疑うのではないでしょうか。

生理不順になる原因と、並行してどんな症状があれば更年期になったと判断するのか、閉経はいつ?など40代女性の気になる生理について詳しく紹介します。

更年期っていつから?生理不順は更年期障害?

女性はいずれ閉経を迎えます。ごく自然な体の変化ですが、その時期には心身にさまざまな不調が出てくることがあります。生理の変化もそのひとつです。

更年期の時期は人によって異なる

更年期とは閉経をはさんだ10年間を指します。日本人女性の閉経年齢の平均は50歳前後なので、一般的には45歳から55歳くらいが更年期ですが、初潮年齢にも個人差があるように、閉経年齢も人それぞれです。いつからが更年期か、というのは一概には言えないのです。

閉経はどんなふうに分かる?

いつかは生理が完全に止まって閉経を迎えると分かっていても、どんなふうに生理が変化していくのか不安になります。一般的に生理が1年以上ない場合に閉経したといえますが、そこに至るまでの変化にも個人差があります。

    <閉経の訪れ方>

  • だんだん周期が長くなった
  • だんだん周期が短くなった
  • 周期がバラバラになった
  • 突然生理がこなくなった

中には、一旦止まって閉経かと思ったらまた始まって、数ヵ月後にぽつんと一度生理がきて、それが最終月経だったという人もいます。

閉経までの生理の変化

更年期の生理不順は周期の変化だけでなく、他にもいままでと違う症状がでやすくなります。

    <閉経までの生理の変化>

  • 経血の色の変化(薄くなる・濃くなる)
  • 生理期間の変化(長くなる・短くなる)
  • 経血量の変化(多くなる・少なくなる)
  • おりものが減る
  • 生理痛、排卵痛が少なくなる

このように閉経を迎える数年間には生理不順が起こることが多く、生理に変化が起きてきたら更年期への入り口に立ったというサインといえます。

どうして起こるの?更年期の生理不順の原因

生理周期の乱れは、今まで周期的に排卵し、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンを分泌していた卵巣の機能が年齢とともに衰えてくることが原因です。初潮から閉経までの女性の体の節目には卵巣は大きな役割を担っています。

    <卵巣の働き>

  • 排卵
  • 女性ホルモンの分泌

思春期になると女性ホルモンの分泌が始まり、排卵や月経が始まります。その後卵巣の機能が成熟して女性ホルモンが活発に分泌されるようになると妊娠、出産が可能になります。これが性成熟期です。

性成熟期は卵巣機能が低下するまで続きます。卵巣機能の低下は早い人で30代後半、遅い人でも40代前半から始まります。その後生理不順がおき始めたりして、やがて閉経を迎えます。

こんな症状ない?生理不順以外の更年期障害

40代になってから急に生理不順になり、更年期を意識し始める女性は多いです。同時に今までなかったような体の不調や、気分の落ち込みなど心の症状が出始める人もいます。

女性ホルモンは自律神経や免疫系、脳や細胞の働きとも深いホルモンなので、減少すると体のあちらこちらに変化が起きます。更年期は頭から足先まであらゆるところで不調があらわれてもおかしくないのです。

ほてり、のぼせ、多汗(ホットフラッシュ)

更年期の症状としては多くの女性が経験するポピュラーなものです。季節や温度に関係なく、いきなり顔だけがほてったりのぼせたような状態になり、滝のような汗が流れてしまうこともあります。自律神経の乱れによって引き起こされます。

肩こりや頭痛がひどくなった

更年期になって肩こりに悩まされている人は少なくありません。原因は首や肩の筋肉が衰えてきたことが大きいことと、自律神経の乱れによって血流が悪くなることも一因です。

家事も仕事もやる気がしない

更年期の女性の約7割が疲労感や倦怠感に悩まされています。特に疲れるようなことをしていないのに、なんとなくだるい、やる気がおきない、1日の疲れがとれないと感じます。これはホルモンバランスの乱れで起こる一時的なものなので、そのうち治まってくるだろうと気楽にかまえましょう。

不正出血は注意!更年期障害以外の病気も

更年期には、ホルモンバランスの乱れから生理前に少量の出血があったり、生理後もだらだらと出血が続くといった、生理以外の出血も起こってきます。

生理でもないのに女性器から出血することをすべて不正出血といいます。不正出血には器質性出血と機能性出血の二つの種類があります。

器質性出血とは?

子宮や卵巣の病気が原因でおこる不正出血をいいます。主に子宮の腫瘍に起因したものが多く、腫瘍には子宮筋腫や子宮膣部びらんなど良性のものと、子宮がんなど悪性のものがあります。

機能性出血とは?

女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌が不安定な場合に起こります。更年期障害としての不正出血はこの機能性出血に当てはまります。

医療機関で検査を!

不正出血があった場合、更年期だからと放っておくと病気のサインを見逃す恐れがあります。生理不順も不正出血も子宮や卵巣だけでなく、何らかの病気でも起こります。いつもの生理と違うと思ったら婦人科を受診しましょう。

更年期かな?と思ったら婦人科検診を!

女性は閉経に近づくと生理不順だけでなく、更年期障害といわれる心身の不調があらわれます。頭痛やめまい、不眠、気分の落ち込みなど、一見他の病気を疑う症状が多く、内科や心療内科を受診する人も多いのですが、まずは婦人科を受診しましょう。

更年期に起きる不調は、ホルモンバランスの乱れによるものです。更年期かどうかを判断するとき、一番の診断材料になるのが、血液検査でわかる女性ホルモンの値です。血液中の卵胞刺激ホルモンやエストロゲンの中のE2の量を調べることで更年期に入ったかどうか確認できます。

また、血液検査では女性に多い甲状腺の病気を調べるため、甲状腺ホルモンのチェックや、更年期以降注意が必要な生活習慣病のチェックのためコレステロール値を調べることもがあります。

まとめ

更年期は閉経をはさんだ約10年間のことですが、閉経年齢には個人差があり、いつからが更年期とはっきりとわかりません。40代になって生理が不規則になった、量が減ったなどの生理不順が起きたら、そろそろ更年期を意識するときです。

更年期の生理不順は、卵巣機能の働きが衰えてきたことが原因です。卵巣機能は35歳くらいから衰え始め45歳くらいには女性ホルモンの量が急激に減り、やがて閉経を迎え卵巣の機能は停止します。

閉経までに生理不順がおこることは、体の自然な変化なので特に心配はありません。しかし、不正出血やその他の更年期障害の症状がひどいときは迷わず婦人科を受診しましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ