エストロゲンと更年期障害の関係は?女性に必須な女性ホルモンの謎!

40代~50代の女性を悩ませる更年期障害ですが、原因のひとつにエストロゲンが関与していることがわかっています。女性ホルモンのひとつであるエストロゲンですが、いったいエストロゲンとはどういったホルモンで女性の身体にとってどのような働きをもたらしているのでしょうか?

今回はこのエストロゲンに着目して、エストロゲンそのものの働きや、更年期障害とエストロゲンの関係を詳しく紹介していきます。

司令塔は視床下部!エストロゲンの働きとは?

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは脳からの指令で様々な働きをする、特に女性の身体にはなくてはならないホルモンです。

別名は卵胞ホルモン

脳の視床下部から脳の下垂体を刺激するホルモンが分泌され、下垂体が反応して卵胞刺激ホルモンを分泌し、卵巣の中で眠っている卵胞のうち10~20個が成長を始めます。この発育した卵胞からエストロゲンが分泌されます。このためエストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれています

エストロゲンの働き

エストロゲンの働きを以下のリストにまとめました。

    <エストロゲンの働きリスト>

  • 基礎体温を下げる
  • 骨の形成を促し血管収縮を抑制する
  • 自律神経、感情の動きや脳の働きを整える
  • 精子が子宮の中に入りやすいよう頸管粘液の分泌を促す
  • 受精卵の着床を助けるため子宮内膜を厚くする
  • 卵胞の成熟を促す
  • 女性らしい丸みをおびた体をつくる

妊娠や出産だけでなく、女性らしさを高めるホルモンとして肌や髪質を良くするともいわれています。他にも女性にかかせない生理とエストロゲンの関わりをみていきましょう。

女性の生理と深い関係があるエストロゲン!なぜ分泌量が変化するのか?

生理の周期では排卵が生じた後、子宮内膜が十分な厚みに達する必要があります。必要に応じて子宮内膜の厚みを調節するためにエストロゲンは常に分泌量をかえています

子宮内膜の厚みを変える

エストロゲンは生理の終わりごろから分泌量が増え、排卵直前にピークを迎えます。エストロゲンには子宮内膜を厚くする作用があり、このタイミングから受精卵が着床できるように子宮を整えています。排卵が過ぎ急激に減少したあと、ある程度の分泌量を保ち生理が始まる前に減少するというサイクルを繰り返しています。

プロゲステロンとエストロゲン

受精卵が着床して妊娠が成立するともうひとつの女性ホルモンであるプロゲステロンと共にエストロゲンの分泌量も徐々に増えていき、出産まで増え続けます。エストロゲンとプロゲステロンは女性にはとても重要な女性ホルモンです。

エストロゲンの減少が原因!更年期障害はどのように起きるのか?

女性ホルモンは、女性としての機能の成熟が始まる思春期にその分泌が盛んになりますが、エストロゲンは40代~50代にかけて減少してきます

混乱する視床下部

更年期にエストロゲンが減少した時、脳から卵巣にエストロゲンの分泌を促す指令が出され、卵巣を刺激するホルモンが分泌されます。ですが、卵巣にはエストロゲンを分泌する能力がなく、卵巣を刺激されることでアンバランスな女性ホルモンが自律神経を不安定にして、更年期障害を引き起こしています

更年期障害の症状

視床下部の混乱によって乱れた女性ホルモンのエストロゲンが原因で様々な症状が起きるのが更年期障害です。動悸・のぼせ・頭痛・肩こり・イライラ・うつなど人によって症状も千差万別です。

エストロゲン働きを強化!更年期障害を予防しよう!

エストロゲンの働きを最大限に引き出して強化する方法はあるのでしょうか?ホルモンの働きを促すことのできる方法を以下に調べてまとめてみました。

おすすめの食べ物

大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをすることが知られており、納豆・豆腐・おから・味噌・油揚げなど大豆由来の食材から栄養を摂取することで、エストロゲンの働きをサポートする効果が期待できます

ホルモン剤での治療

卵巣機能の低下によって不妊治療などを考えたときは、ホルモン剤を使用してエストロゲンを外から補充する治療もおこなわれています。医師の指導のもとおこなう治療なので、専門の医療機関を受診する必要があります。

十分な睡眠をとる

睡眠不足が続くと脳が疲労し、正常なホルモンのコントロールが出来なくなります。したがって十分な睡眠をとることが正常なエストロゲンの分泌につながります

たばこをやめる

喫煙によって卵巣のエストロゲンを生産する能力が低下し、また作られたエストロゲンの分解も早まることがわかっています。さらにたばこを吸う人は閉経が2年以上早まるリスクがあるともいわれていま。女性にとっては害でしかないたばこはやめましょう。

働きが強すぎても問題?エストロゲンの過剰摂取に注意!

エストロゲンは女性の体になくてはならないホルモンですが、ホルモン剤やサプリメントで過剰に摂取すると副作用が出てしまうことがあります

エストロゲン過剰摂取の副作用

エストロゲンを過剰に摂取することでおきる副作用には乳房の張りや、下腹部の痛みなど不快な症状が見られることがあります

エストロゲン摂取の注意点

エストロゲンを長期投与し続けると、子宮内膜が増殖し続け、子宮体癌のリスクが高まるとされています。サプリメントは使用上の注意をよく読み、用法容量を守った服用が大切です。ホルモン剤による治療の場合も同様に主治医の指示に従って治療をすすめる必要があります。

まとめ

エストロゲンは女性の体の機能と健康に関わる重要な働きをしているホルモンです。更年期障害の原因であるエストロゲンですが、20代や30代でも暴飲暴食や不規則な生活、運動不足などでエストロゲンの分泌に影響が出ても心身のトラブルにつながってしまうので注意が必要です。

現状は何ともない、まだ更年期じゃないから大丈夫だと考えずに、いつかは必ず来るエストロゲンの分泌の減少に備えて、出来る限り生活習慣の改善や運動の習慣をつけることでセルフケアを心がけていきましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ