更年期障害で引き起こされる頭痛の種類と各頭痛の対策方法とは!?

更年期障害の代表的な症状の中に頭痛がありますが、その頭痛にも種類があり症状も変わってきます。

更年期頭痛の代表的な種類が「偏頭痛」と「緊張型頭痛」です。

この2つの頭痛は原因も違えば、対策の仕方も違います。今回はこの2つの正しい知識と対策についてお話します。


更年期障害で引き起こされる偏頭痛とは!

偏頭痛とは脳の血管が拡張する事で起こる症状です。痛みの特徴は、こめかみあたりから後頭部にかけてズキズキと強い痛みが片側、もしくは両側に起こります。症状の重い人になると強い吐き気感を催し、嘔吐等を繰り返す事もあります。

更年期障害で起こる偏頭痛の対策とは!

更年期障害偏頭痛の場合、光や音で症状が悪化する事がある為、症状が強く出ている時には出来るだけ光を浴びない暗がりに避難する必要があります。また、吐き気を催している場合は思い切って吐いてしまった方が吐いた後には症状が緩和している事が多いです。

緊急の対策としては我慢しない事が大事ですが、食生活で予防する事も可能と言われています。食生活で気を付ける事はビタミンB2やマグネシウムを多く含む食材を摂取する事です。

ビタミンB2が多く含まれている食材として代表的なのは・レバー・乳製品・納豆・ほうれん草上記が有名な食材です。マグネシウムが多く含まれている食材として代表的なのは・ナッツ類・大豆製品・緑黄色野菜・海藻類上記が有名な食材です。

更年期障害で引き起こされる緊張型頭痛とは!

緊張型頭痛は肩こりや目の疲れ等、肉体的、精神的ストレスが原因で引き起こされる頭痛です。頭を両側から強い力で締め付けられる様な痛みがする事が特徴です。しかし、緊張型頭痛に関しては更年期世代だけでなく幅広い世代で起こる頭痛の一つの為、以前から緊張型頭痛を発症していたのであればその症状が更年期によるものなのかは正確には分かりません。

更年期障害を発症してから緊張型頭痛が始まったのであれば更年期が原因と見て間違いないでしょう。

更年期障害で起こる緊張型頭痛の対策とは!

緊張型頭痛は自律神経が集まっている首、肩甲骨、肩までの間が緊張により凝り固まってしまっている時に緊張型頭痛は発症しやすいです。

更年期障害の時はホルモンバランスが乱れ、自律神経が正常に働かない為に頭痛も発症しやすくなっています。その対策として有効なのが・ストレッチ・リラックス、リフレッシュです。

ストレッチを日々行う事で肩から肩甲骨回りの筋肉をほぐしてくれ柔らかい状態を保ってくれる様になります。その結果、例え緊張を感じたとしても頭痛までは症状が悪化せずに抑える事が可能になります。

また、緊張型頭痛はストレスにより症状が発症したり悪化したりする事も分かっています。ですので、リラックスする時間を作ったりリフレッシュ出来る趣味を持つ等をして定期的にストレスフリーの状態にする事が重要です。

ここまで説明してきた様に更年期障害で引き起こされる頭痛は代表的に2種類あり、症状も対策の仕方も違います。まずは違いを学び、頭痛の症状がどちらの頭痛かを把握して正しい対策を取る事を意識しましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ