ホットフラッシュで体が熱い!更年期障害は女性ホルモン分泌の低下が原因だった

更年期障害は、閉経する前の5年間と閉経してからの5年間のあわせて10年間前後に出やすい症状です。

平均の閉経年齢は50歳ぐらいと言われているため、個人差はありますが45歳ぐらいから55歳ぐらいまでが更年期障害がおきやすい年齢なのです。


どうして更年期障害がおきるのか

更年期を迎えると、女性の卵巣の働きが低下してきます。そのためエストロゲンなどのホルモンを作る事が難しくなってきて分泌できません。

しかし脳は、卵巣の機能が低下してきている事に気がつかず、脳の下垂体から卵巣にエストロゲンを作るように指令が送られ続けます。そうすると、脳の下垂体が働き続けていると、上半身だけがカーッと熱くなるホットフラッシュというのぼせ、ほてりの症状があらわれます。

これは、脳が女性ホルモンを分泌させようと、通常の10倍の性刺激ホルモンを分泌するためです。脳が女性ホルモンの分泌量が減った変化についていけていないために起こってしまう症状なのです。

更年期障害のお薬があります

エストロゲンの急激な低下に体がついていけず、体調を崩してしまうひとに、病院でエストロゲンやプロゲステンを処方してもらい、補う事により、更年期障害の症状を和らげる事ができます。ホルモン補完療法といって、経口薬と経皮剤があります。

しかしエストロゲンを補完すると、乳ガンになる確率が通常の1.3倍から1.4倍に高まります。ですので、ホルモン補完療法を行う場合は、こまめな乳ガン検査が必要になります。

ホルモン補完療法を行う場合は、事前に血液検査を行いエストロゲンの主要成分であるエストラジオールの濃度を調べる事が必要です。

大豆製品で更年期障害を和らげる

エストロゲンは、体の様々な場所で働いています。中枢神経機能や心臓血管系機能、また脂質代謝や骨代謝にも働いています。ですので、エストロゲンの分泌が減るという事は、エストロゲンが作用している器官に影響がでます

更年期障害の症状として、ほてり、発汗、動悸、息切れ、肩凝りがよく言われますが、すべてエストロゲンの低下からくる症状なのです。

これらの症状を少しでも和らげるには、大豆製品を食べることが効果的です。大豆に含まれているイソフラボンが、女性ホルモンのエストロゲンに似た構造をしているため、体内でエストロゲンと同じような働きをしてくれて更年期障害の辛い症状を和らげてくれます。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ