実は更年期障害ではない?30代で起こる若年性更年期障害!

最近では30代で更年期障害と同じような症状が現れる若年性更年期障害と呼ばれる症状が増えてきているのをご存知ですか?まだ若いから違うだろうと思っているその症状も、もしかしたら若年性更年期障害かもしれません。

なぜ30代にも更年期障害と同じ症状が現れるのか?本来なら40代後半から50代前半の更年期に乱れる女性ホルモンのバランスが同じように原因なのか?症状や原因、治療法などについて詳しくまとめてみました。

30代では更年期障害とは呼ばれない!症状の正体は?

20代や30代の若い時期に更年期障害と同じ症状が現れることを若年性更年期障害と呼びます。

本来、更年期は若年化しないといわれているので、更年期障害のような症状がでていても「自律神経失調」や「月経前症候群」などであることがほとんどです。

30代の自律神経失調症

30代に起こる主な不定愁訴は心身のストレスを背景にした卵巣機能不全と、それにともなっておきる自律神経失調症が原因のひとつだと考えられています。自律神経の不調は年代を問わず現れるので、30代のストレスの多い環境では十分に起こりうる症状だといえます。

30代の月経前症候群

20代に現れる月経前症候群には、乳房のはり・下腹部痛・頭痛などがありますが、30代ではこれらに加えて精神的に不安定になる・攻撃的になるなど心の症状が顕著になり、30代の月経前症候群が1番重いと言われています。仕事も生活も忙しく、また出産経験の有無も影響して心身ともに大きな変化がある時期でもあります。

更年期障害との違いは?30代の症状はストレスが原因!

50代で起きる更年期障害と、20代~30代で起きる若年性更年期障害との違いはあるのでしょうか?

更年期障害とは

更年期障害とは一般的に閉経前後の約10年間の50歳前後に見られるイライラやほてり・発汗・頭痛・便秘などの症状で、卵巣機能が低下する過程で女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減るため起こります。これがホルモンバランスを乱し、その影響で自律神経も乱れてしまうことが原因となります。

若年性更年期障害とは

若年性更年期障害の場合、閉経していないのに疲れやストレス・睡眠不足・過度なダイエットなどが原因で栄養不足やホルモンバランスが乱れ、自律神経系が不安定な状態になってしまうことが原因となります。

つまり更年期障害は閉経に関与する生理機能の変化によって起こる症状であるのに対して、若年性更年期障害は主にストレスなどが原因で起こる症状である事がわかります。

チェックリストで確認!あなたは若年性更年期障害ですか?

以下のチェックリストを目安に該当する症状が多い場合は、早めに医療機関を受診して原因を明確にしましょう。

    <若年性更年期障害チェックリスト>

  • 頭痛・めまい・耳鳴り
  • 疲れやすい
  • 肌が乾燥する
  • 急に汗をかく
  • 顔がほてる
  • イライラする
  • 動悸・息切れ
  • 手足の冷え
  • 寝つきが悪い
  • 月経不順

ホルモンのアンバランス?30代で更年期と同じ症状が現れる4つの原因!

若年性更年期障害ではホルモンのアンバランスや卵巣の機能低下が起こり、本来の更年期障害と同じ症状が現れます。30代でもこのような症状が現れるのは次のような4つの原因があげられます。

過度のストレス

30代の女性は仕事・育児・対人関係・看病など様々なストレスを抱える環境にあり女性ホルモンのバランスが乱れていきます。また女性ホルモンは卵巣だけでなく自律神経の中枢でもある脳の視床下部の働きにも影響があり、ホルモンバランスを崩す原因となります。

不規則な生活

睡眠不足・不規則な食生活・ヘビースモーカー・過度の激しい運動などのような生活スタイルを繰り返していると、正常なホルモン分泌ができなくなり症状が現れます。運動は健康に良いイメージがありますが、過度に行うと卵巣機能を低下させ更年期同様の症状を引き起こしてしまうので注意が必要です。

過度の肥満や痩せ

過度なダイエットで体に栄養が足りなくなることで、無月経となることがあります。また太りすぎていることでもホルモンバランスが崩れて生理不順になります。

初潮年齢の若年化

初潮が早い年齢から始まることで、排卵される卵子も早くなくなるため、30代で卵子の数がゼロに近いという事も考えられています。初潮が早かった人は30代で一度残りの卵子の数を検査で調べておくのも若年性更年期障害の予防につながるでしょう。

若年性更年期障害は治る?効果的な4つの治療法!

一般的な更年期障害とは違い若年性更年期障害になるには原因があるため、その原因をなくすことが有効な改善策のひとつです。その他の治療法も含めて4つの改善策をみていきましょう。

    <若年性更年期障害の治療法4つ>

  • ホルモン補充療法
  • プラセンタ療法
  • 漢方薬
  • 生活改善・食事療法

ホルモン補充療法

体内で不足している女性ホルモンを飲み薬や張り薬で補うことで症状の緩和を目的とした薬療法です。

プラセンタ療法

胎盤エキスを注射やサプリメントで取り入れます。プラセンタ注射は肌の美白やしみなどにも効果があることでも知られていますが、厚生労働省が認可している安全な治療法です。

漢方薬

東洋医学で人の体の状態を3つの証といわれる体質に分類して、その体質ごとに漢方薬が処方されるため、専門の知識のある機関の受診が必要です。

生活改善・食事療法

規則正しい睡眠や食事がとれるよう生活改善をおこない、ストレスをため込まないようにします。カウンセラーや栄養士の指導などを受けられる病院もありますが、自分ひとりでも簡単に始められる治療法です。

まとめ

更年期と同じく若年性更年期障害は周りに理解されにくい病気です。些細なことでイライラしたり、鬱のような症状をきたしたりすると周りとの関わりもギクシャクしてしまいます。病気であることを打ち明けて、早くから周囲の理解を得るようにすることで、不必要なストレスを抱え込まずにすみます。自分でできるセルフケアは実践していくことが大切です。

チェックリストなどを参考に、若年性更年期障害と疑わしい症状がある場合には早期に婦人科を受診して、適切な治療法を選択しましょう。気にせずに長期に放っておいてしまうことは避けて、心身ともに健康な30代を過ごせるようにしましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ